トップ > 新刊書籍 > 子どもと楽しむ12カ月

ゆったり、わくわく 子どもと楽しむ12カ月

子どもと楽しむ12カ月
きくちいま 著
  • 書籍:¥1,500(税別)
  • 四六判・並製/128ページ
  • ISBN978-4-484-11231-2 C0077
  • 2011.11発行

四季折々の行事や旬を、家族みんなで楽しめるアイデアが満載!忙しいお母さんでも気軽にできる、ゆったり&わくわくな暮らしを、イラストとエッセイで紹介します。切り取って使える「季節発見カレンダー」付き。

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS

内容

1月はお正月の飾り付け、3月は吊るし雛作り、6月は手作り梅シロップ、11月は木の実集め……忙しい毎日のなかでも、季節の移ろいを子どもと一緒に楽しんでみませんか? 人気エッセイスト・イラストレーターのきくちいまさんが、上手に手抜きしながら(!?)、子育てをもっと楽しく、毎日をもっと豊かにする暮らしのアイデアを紹介します。4コママンガも満載。切り取って使える「季節発見カレンダー」付き。

はじめに

 お仕事に忙しく、なかなか子どもとふれあえないと悩むお母さんやお父さんがいます。家には毎日いるけれど、いつも子どもと一緒にいるせいなのか、行き詰まってしまうお母さんもいます。
 みんな、限られた時間の中で、とってもがんばっているとわたしは思うんだけど、でも、どうかな? 子育て、楽しめていますか?
 実際わたしも三人を子育て中です。わたしのモットーは「子育てはみんなでするもの」なので、下の子のトイレを上の子に任せちゃったり、手抜きしまくり。これはわたしの持論なんだけど、お母さんってのは多少ダメなくらいでちょうどいい。そうすれば、子どもはしっかり育ち、きょうだいの結束も強くなるんだと思う。だから、肩の力を抜いて、ゆるゆると楽しみましょうよ。
 この本には、四季折々の行事や旬を子どもと一緒に楽しむ提案がたくさん詰まっています。のんびりしながらも、いつもより濃く、満たされた一日になってもらえたらうれしいな。
 シングルファミリー、ステップファミリーといろんな家族の形があります。きっと、なんの問題もない家庭なんて、どこにもないんじゃないかな。大人にどんな事情があるにせよ、子どもはまっすぐに歩いて、まっすぐに育ってほしい。
 わたしは、この本を通していろんな親子とつながれるのかとわくわくしています。わたしにも、あなたの子育てにかかわらせてください。子どもは宝。家族の、地域の、国の、世界の。あなたの、わたしの、みんなの宝です。
 子育ての時間は、きっとあっという間。あとから思い返したときに、楽しかったなあ、と思える子育てだといいですね。
 お互いに、子育て楽しみましょう!

目次

一月
全国のお雑煮くらべ
お正月ならではのことをしよう
お正月の飾り付けをする
お年玉と一緒に、遊び心もプラス
◇マッサージボールの作り方

二月
大豆ってすごいんだよ!
冬ならではの、雪あそび、氷あそび
福を呼び込む節分行事
防災グッズの点検をする
◇あいさつは先にした人が勝ち

三月
新芽パワーをいただく
春の海で、潮干狩り
吊るし雛を作ってみよう
入園・入学グッズの準備
◇子育てに円周率は必須

四月
たけのこを一本食べつくす
窓辺に緑のカーテンを作ろう
桜の紋切り型で花だより
入学おめでとう、を伝える服装
◇一日一○○円子ども貯金

五月
いちごデザート大会
いろんな緑があることを知る
おいしくお茶を入れよう
家庭訪問は「子育てミーティング」
◇出張先は地球儀で説明

六月
子どもと一緒に梅仕事
虹を探しに出かけよう!
廃油でエコキャンドル作り
うきうき! 遠足のお弁当
◇みんな「チーム子育て」

七月
夏はつるつる、そうめん三昧
自転車は安全第一が条件
暑中見舞い、残暑見舞いを出そう
怖いもの見たさ…? 授業参観
◇丸秘グッズを手に入れる

八月
夏野菜をとことん使う
夏ならでは、のお出かけ
クワガタ・カブトムシを折り紙で
恐怖! 夏休みの宿題
◇よそんちの子も叱る

九月
お月見の夜は、こねこね料理
稲刈り・収穫 農業にふれる
オリジナルの絵本作り
運動会、気持ちよく走ろう!
◇子育ての相談は積極的にするべし

十月
新米で作ろう! 混ぜご飯&おにぎり
流れ星を探しに行こう!
快眠の準備をしよう
図書館で本にふれる
◇子どもの人生は子どものもの

十一月
秋の果物でデザート作り
木の実を集めよう
雨かんむりの漢字を集めてみよう
チョイ役だって主役級! 学芸会
◇寝るときに「大好き」を伝える

十二月
昔ながらの保存食作り
除夜の鐘をつきに行こう
大掃除、のち、お正月の準備
クリスマスはサンタの出番
◇ゲームは(なるべく)買い与えない

略歴

[著者]
きくちいま
1973年、山形県生まれ。幼い頃より母の影響で着物に親しみ、大学卒業後、着物の広告・出版社にコピーライターとして入社。1999 年にフリーライター、エッセイストとして独立。着物や暮らしをイラストとエッセイで綴り、人気に。結婚後に、東京から山形へ活動拠点を移す。『ふだん着物のたのしみ方』『わたしが好きな和の生活』『きもので出産!』『かわいい楽しい着物きこなしアイデア帖』(以上、河出書房新社)、『よくわかるきものの着付けと帯結び』(PHP研究所)、『キラキラ着物絵日記』(リヨン社)、『毎日の着物。』(アスペクト)など著書多数。着物や小物のデザインやプロデュースを手がける傍ら、新聞や雑誌の連載、全国各地での講演活動もこなす。現在3児の母。
http://www.imappage.net/

●デザイン/agasuke