トップ > しくじり家族

しくじり家族

しくじり家族
五十嵐大 著
  • 書籍:¥1400(税別)
  • 四六判・並製/180ページ
  • ISBN978-4-484-20228-0
  • 10.31発売予定
耳が聴こえない、父と母。宗教にハマる、祖母。暴力的な、祖父。“ふつう”を手に入れたかったぼくは、“ふつう”を擬態することを覚え、故郷を捨てるように東京に出た。ややこしい家族との関係が愛しくなる、不器用な一家の再構築エッセイ。


書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS TSUTAYAonline

内容

葬儀はカオス。
耳が聴こえない、父と母。宗教にハマる、祖母。暴力的な、祖父。
ややこしい家族との関係が愛しくなる。
不器用な一家の再構築エッセイ。



“ぼくの家族は誰も手話が使えなかった。聴こえない父と母の言語である手話を、誰も覚えようとしなかった。祖母も祖父も、ふたりの伯母も。唯一、家族のなかでぼくだけが下手くそなりにも手話を自然に習得し、両親と「会話」していた。(本文より)"

聴こえない両親に代わって、ほんの幼いころから「面倒を見る」立場になることが多かった。大人からの電話も、難しい手続きも、わからないなりにぼくが対応するしかなかった。家に祖母の友人などが集まり、楽しそうにしていても、母は微笑んでいるだけだった。社会から取りこぼされてしまう場面が多い母を見て、いつも胸が締め付けられた。どうしてみんな母のことを置き去りにするんだろう。“ふつう"を手に入れたかったぼくは、“ふつう"を擬態することを覚え、故郷を捨てるように東京に出た。それなりに忙しい日々を送っていたある日、滅多に帰省しないぼくの元に、伯母からの電話があった。「あのね、おじいちゃん、危篤なの」……。
五十嵐 大(いがらし・だい)

1983年、宮城県出身。高校卒業後、飲食店スタッフや販売員のアルバイトを経て、編集・ライター業界へ。2015年よりフリーライターに。自らの生い立ちを活かし、社会的マイノリティに焦点を当てた取材、インタビューを中心に活動する。ハフポスト、「FRaU」(講談社)、「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)などに寄稿。本書がデビュー作となる。

Twitter: @igarashidai0729

目次

Prologue ぼくの家族
Chapter 1 祖父の危篤
Chapter 2 祖母と宗教
Chapter 3 伯母の贖罪
Chapter 4 母の声
Chapter 5 父の愛
Epilogue ぼくと両親