トップ > 新刊書籍 > 人生、このままでいいの? 

人生、このままでいいの?  最高の未来をつくる11の質問ノート

人生は、質問でできている。
この本は、「読む本」ではなく「答える本」だ。多くの人の人生を変えてきた「質問」を紹介する。その質問に答えていくことで、自分自身と向き合っていこう。終わったときには、スッキリと理想の人生が動き始めることだろう。

何歳になっても人生は変えられる。読むだけでは、人生は変わらない。自分の思いを書き出せば、「なりたい自分」が見えてくる。今日から人生が動き出す「実践ワークブック」。



「自分のことをどれくらいわかってる?」。質問上手は、自分上手。わかっているようでよくわからないのが「自分」。自分の姿を見るために「鏡」が必要なように、自分の心と対話する道具が必要だ。そのもっとも効果的なものが「質問」。たとえば「ランチは何を食べた?」と質問されると、自然と考えてしまう。そうやって自然と自分との対話が始まっていく。(「はじめに」より)


書籍

Amazon

目次

最高の人生を歩めているだろうか?
自分のことをどれくらいわかってる?
自分の幸せを自分でつくっていこう
この本の上手な使い方
質問のルール
こんなときにオススメ!
 
ウォーミングアップの質問0:何が好きだろう? 
 
人生を見直してみる質問1:今の自分に「いいね!」ができるだろうか? 
column:変えられないものもある 022
 
自分を取り戻す質問2:今、何を感じているだろう?
column:我慢してしまう
 
スッキリして、動き始める質問3:やめたいことや捨てたいことは何だろう?
column:カバン持ちのススメ
 
本当にやりたいことと出会う質問4:もし何でも叶うとしたら、何を叶えたいだろう?
column:トラブルが楽しい?
 
人生にスイッチを入れる質問5:何のために生きているのだろう?
column:何のために?
 
自分を好きになる質問6:どんな自分でいたいだろう?
column:桜は桜、ヒマワリはヒマワリ
 
世界を変えていく質問7:どんなチャレンジをしよう? 
column:自信って何だろう?
 
自分の価値に気づく質問8:私のご利益は何だろう?
column:天職は育てるもの
 
愛の関係を築く質問9:目の前の人を喜ばせるために、何ができるだろう?
column:豊かさのカタチ
 
悩みや不安とうまく付き合う質問10:この悩みの向こうには、何があるだろう?
column:すべては、うまくいっている
 
思い通りの人生をつくっていく質問11:今日はどんな1日にしようか?
column:医者の不養生
 
質問にこたえたら…… 
最後に 
 
 

プロフィール

河田真誠(かわだ・しんせい)
1976年生まれ。質問家。生き方や考え方、働き方などの悩みや問題を質問を通して解決に導く「しつもんの専門家」として、企業研修や学校で授業を行なっている。主な著書に『人生、このままでいいの? 最高の未来をつくる11の質問』(CCCメディアハウス)、『革新的な会社の質問力』(日経BP社)、『私らしく わがままに 本当の幸せと出逢う 100の質問』(A-Works)など。 http://shinsei-kawada.com/
 

装丁+本文デザイン+イラスト 藤塚尚子(e to kumi)
校正 円水社