トップ > 新刊書籍 > アステイオン81

アステイオン81

アステイオン81
公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会 編
  • 書籍:¥1000(税別)
  • 電子書籍:¥1000(税別)
  • A5判変形・並製/264ページ
  • ISBN978-4-484-14231-9 C0030
  • 2014.11発行
特集  「共有される日本文化」 與那覇 潤/四方田犬彦/井上章一/大塚英志/徳丸吉彦/太田省一/岡本浩一 [論考]下斗米伸夫/アンドリー・ポルトノフ/宇野重規 [追悼]粕谷一希  [連載]「リズムの哲学ノート」山崎正和ほか

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS TSUTAYAonline

電子書籍

Amazon kindle 楽天kobo honto Reader Store 紀伊國屋書店 BookLive

内容

特集 共有される日本文化


「日本文化」は存在するのだろうか。
存在するのはそれぞれの作品であり一人一人のクリエーターであり、
「日本」と呼ばれる領域的空間で区切られる場で長期にわたって
展開してきた無数の「文化」について語ることに、どれほどのリアリティが
あるのかが問われるべきだろう。

もちろんそれは「日本文化」に限ったことではない。
イギリス文化、フランス文化、イタリア文化、中国文化についても
同様に問うことができよう。
困難を承知で我々はやはり「日本文化」を語ってみよう。
ただ「日本文化」も他のいかなる文化と同様、固定したものではなく、
流動と凝結を繰り返してきたこと、そして「日本」の内と外の間で、
そして様々な「日本」の間で、相互作用と相互浸透を繰り返してきたことを
心にとどめながら。

「日本文化」は「日本」の専有物ではない。
それは非「日本」によって消費されるだけではなく、再生産され発展させられ、
そして創造されてきたことに思いをいたそうではないか。
「日本」に住む我々自身が、気づいていない「日本文化」を再発見し、
新たな文化の試みに乗り出すために。

目次

特集 共有される日本文化

ふたつの「中国化論」――江藤淳と山本七平
・・・・・・與那覇 潤

「日本」料理への懐疑
・・・・・・四方田犬彦

マンガは光琳を超える
・・・・・・井上章一

日本のまんがは「日本的」ではない
・・・・・・大塚英志

共鳴する日本音楽      
・・・・・・徳丸吉彦

世界とつながる紅白歌合戦      
・・・・・・太田省一

 大乗化する茶の湯
・・・・・・岡本浩一


 論考
二つのキリスト教世界――ウクライナ危機の文化論的起源                     
・・・・・・下斗米伸夫 

ウクライナ・アイデンティティ――その多様性と雑種性(ハイブリディティ)
・・・・・・アンドリー・ポルトノフ 

鈍牛・哲人宰相と知識人たち――大平総理の政策研究会をめぐって
・・・・・・宇野重規


●写真で読む研究レポート   
一九〇〇年の楊貴妃――矢崎千代治《教鵡》と正岡子規、鏑木清方
・・・・・・今橋理子 

 ●グラヴィア 地域は舞台    
光と音のページェント 見よ群舞の力、一瞬の身体の輝きを!
――YOSAKOIソーラン祭り

・・・・・・御厨 貴
 
 
●世界の思潮
「世界の多様性」による「境界線」
・・・・・・王 柯   
            
消費中毒と生産技術
・・・・・・神門善久
 
●時評
ノワイユ伯爵夫人――忘れえぬおもかげ
・・・・・・芳賀 徹

きらめく朦朧体
・・・・・・高階秀爾  
 
甲子園と第一次世界大戦      
・・・・・・田所昌幸  
 
「少女車掌」の「説明」する風景
・・・・・・渡辺 裕
 
謎のマイスター制度
・・・・・・藤森照信  
 
集団の記憶はまだらボケ
・・・・・・奥本大三郎
      
新しくない憲法のはなし
・・・・・・苅部 直

連載
リズムの哲学ノート 第5章
・・・・・・山崎正和

●追悼 粕谷一希
「史・哲・文」の人――粕谷一希氏を偲ぶ
・・・・・・河野通和
 
粕谷さんと僕――変わらぬ先輩後輩関係
・・・・・・御厨 貴
●アステイオン編集委員会委員
 
委員長 田所昌幸 
    池内 恵
    苅部 直
    張  競
    細谷雄一
    鷲田清一
顧 問 山崎正和
 
●ブックデザイン/熊澤正人+尾形 忍(POWERHOUSE)
●翻訳協力/ジャネット・アシュビー
●校閲/竹内輝夫
●編集協力/林晟一、CCCメディアハウス書籍編集部