トップ > 新刊書籍 > 仕事はどれも同じ

仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法

仕事はどれも同じ
フォルカー・キッツ/マヌエル・トゥッシュ 著
畔上 司 訳
  • 書籍:¥1,600(税別)
  • 四六判・並製/280ページ
  • ISBN978-4-484-12115-4 C0030
  • 2012.06発行

月曜日の憂鬱よ、さようなら。――ドイツで「仕事に不満をもつ人たち(=ほとんどすべての人)」のバイブルとなったベストセラーが日本上陸! 今の職場に嫌気が差している人のための〈期待を危機管理する〉方法。

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS

内容

誰しも職に就くときは夢を抱いているものだが、多かれ少なかれ結局は失望し、悲しみを味わうことになる。ただ、いま自分がしている仕事やもらっている給料、上司や同僚にフラストレーションを感じているとしても、それを理由に転職・転社をするとムダに終わる。なぜなら、転職した先の職場でも、同じような仕事や上司・同僚が待っているからだ。では、どうすればいいのか?

本書はそれを語った書として、ドイツで2008年刊行後、またたく間に「仕事に不満をもつ人」のバイブルとなった。
「本書は、読者各自の仕事を『耐えられるもの』にしてくれるだけでなく、『夢の職業』に変えてくれる。なぜなら、どの仕事にもちがいがないからである。本書を読めば、仕事上のフラストレーションから逃れる方法を会得できる」(ビルト紙)
「今はオフィス内に皮肉な言葉が飛びかい、業務上の成果は高く評価されない。本書はサラリーマン・OLが上司を憎む理由を明らかにし、仕事上のフラストレーションを解決する方法を明らかにしてくれる」(シュピーゲル・オンライン)

●不満やストレスは、あなたが今やっている仕事とはまったく無関係です。自分の「仕事」に満足しているのは犯罪者のほうで、警官ではないのです。
●お金・ステイタス・やりがい・好きなこと……どれを重視して仕事を選んでも、あなたを満足させてくれる仕事など世界中にひとつもありません。
●今いる場所で「人生のミス」を犯さないために。本書は「幸せになるためのガイダンス」です。

「はじめに」より

 もし誰かから、「あなたがこの仕事に就いたら、収入も十分に得られますよ。他人にも高く評価されますし、やりがいも楽しみもたっぷりあります。おまけに上司や同僚たちともうまく付き合っていけます」と言われたら、あなたはきっと耳を傾けるだろう。
 その瞬間こそ、残りの人生を変えるに値する一瞬だろうか? 今のあなたは何時間も、何日も仕事ばかりやっているので、人生の貴重な時間がまるで砂時計のようにいつのまにか消えてしまってはいないだろうか?
 逆に、「あなたはすでにすべてを手に入れているから、そういう仕事を見つける必要などまったくない」と言われたらどうだろう? 「あなたは自分が求めているものをすでに手に入れている。あとはごくわずかなヒントを知るだけでいい」と言われたら、あなたは果てしない失望と悲しみ、そして虚無感から救われるのではないだろうか?
 私たち著者二人は本書を通して、あなたにその「救い」のヒントを与えることをお約束する。
 それが大きな約束、途方もなく巨大な約束だということは、著者も承知している。だが私たちは、その約束を守ることができることも確信している。
 満ち足りた仕事、すばらしい職業生活が可能だということは、著者自身が体験済みだ。だからこそ、どうすればそうした生活を実現できるか、その方法をあなたに伝えることができる。それを伝えることができることに、著者は大いなる幸せを感じている。
 過去二年間、著者は本書のために調査を行ない、さまざまな職業に就いている多くの人々と話し合いをもった。その結果、自分の仕事に本当に満足している人はほとんどいないことがわかった。このことは公式統計でも裏打ちされていて、勤労者の85パーセント以上は転社・転職したがっている。「非・失業者」(つまり就業者)はフラストレーションを感じているのだ。だから、本書に登場する人たちの大半は不満を抱いている。もし朝、目を輝かせて地下鉄で職場に向かい、不思議なほどのオーラを発散している人がいたら、その人は稀有な例なのだ。
 人はなぜ不満を抱くか、それを著者はたんねんに調べてみた。その結果、人間にとって何がストレスになるかがわかった。
 ここであなたに断言しておくが、不満やストレスはあなたが今やっている仕事とはまったく無関係だ。調査の結果見つかった驚くべき結論は「仕事はどれも同じ」ということだった。上司が誰だろうと同じだし、絶えず転社・転職してもそれで満足できるわけではない。
 だが職場について、人間について、そして自分自身についてごくわずかの事柄を知りさえすれば、「人生の宝」を見つけることができる。これは確かだ。自分自身に注目しよう。自分の考えや動きに関心を持とう。そうすれば、いわば自力で自分を癒せるようになるのだ。それができるのはあなた自身だけである。しかも今やっている仕事を通してである。
 あなたの人生は「救う価値がない」だろうか?
 あなたはもう本書を読みはじめている。すでに第一歩を踏みだしているのだ。戻ろうなどと考えないことだ。そして希望をもとう。希望をもっていいのだ。
 あなたも「自分の人生を救ってくれる」ことを、著者は願っている。

フォルカー・キッツ/マヌエル・トゥッシュ

目次

はじめに

第I編
心はもう退職モード。
その後フラストレーションがたまりすぎて、とうとう退職願いを提出

1章 職場を替えても同じこと、上司が替わっても同じこと
  1 宝くじに当たったら?
  2 「非失業者」は全員がフラストレーションを抱いている
  3 あなたもこっそり求人広告を読んでいる?
  4 自分の仕事が好きなのは犯罪者だけ
  5 新しい仕事は新しい生活に似ている──代わりばえもせず退屈なばかり
2章 あなたは自分の期待にそぐわない仕事をしている
  1 あなたを幸せにするのは何?
  2 お金──私の家、私のボート、私の収入
  3 ステータス──わが部局、わが秘書、わが名刺
  4 世の中をよくしたい
  5 自分の仕事大好き人間は、フラストレーションを先延ばししてしまう
  6 クリスマスのガチョウ料理と私たちの仕事との関係
  7 自分の期待を危機管理しよう
3章 いつも付きまとう邪魔な諸要素
  1 雇い主と注文主
  2 鏡よ鏡、私を高く評価してくれる人はこの国には一人もいないのね!
  3 どういうふうに考えようと自由だが、現実は……
  4 仕事と生活のバランス
  5 おはよー(+あくび)! 毎日が似たり寄ったり
  6 世の中は不公正だらけ
4章 イライラの元凶はこうした連中だ
  1 周囲に誰もいなければ仕事は素敵になる
  2 上司を嫌うのは週に何日?
  3 愛すべき同僚たち
  4 お客様は王様──そして私たちは家臣
5章 退職は永遠に続くシナリオの途中の小休止にすぎない
  1 上司が代わっても何一つ変わらない
  2 内心の願望と「心理的な労働契約」
  3 逃走と、それを焚きつける人たち
  4 理性と感情
  5 求人広告と旅行パンフレットがそっくりなわけ
  6 自営業、自由業
  7 転社・転職が威力を発揮するとき

第II編
「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にしよう

6章 あなたの仕事と生活、その背後に隠れているもの
  1 なぜ私たちは悪循環(「ハムスターの回し車」の状態)に陥ってしまったのか?
  2 なぜそんなに急ぐのか? あなたは逃げているのか?
  【トレーニング1】問題発生の基本パターンを確認する
  3 今の職場にとどまれ!──苦境のなかから有意義な知恵を絞りだす方法
  【トレーニング2】問題発生の基本パターンを叩き壊す
  4 悪循環を好循環に転換する方法
  【トレーニング3】潜在意識の裏をかく
7章 世間は恩知らず
  1 人生は不公平
  2 「どうして、なぜ?」と問う人はバカだ!
  3 どうしたらあなたは困難な体験を通過して成長できるか
  4 怒りをグッと抑えよう──心の健康は大切だ
  【トレーニング4】心を浄める
  5 こうすれば希望は叶う──自己充足の予言
  6 時がすべての傷を治してくれる──治癒のプロセスを促進する方法
  【トレーニング5】体をリラックスする──傷が癒える
  7 最初に笑う者は……他人に笑いを伝染させることができる
8章 お金だけでは幸せになれない
  【トレーニング6】幸せな瞬間を自分にプレゼントしよう
  1 漁師の妻は、どさくさまぎれに得をしようとした。
   満足を知らない人は気をつけよう!
  【トレーニング7】あなたは何をなし遂げてきたか?
  2 成功したければ、あまり遠慮しないこと
   ──あなたは今すでにかなりの大金を稼いでいる
  3 あなたの長所を磨こう
  【トレーニング8】金・長所を試掘してみよう
9章 フェアなコミュニケーション
  1 相手を鏡と思え
  2 私にはないモノを持っている彼──嫉妬が人生を害する
  【トレーニング9】三段階で嫉妬から解放される
  3 ぶちまけて気分をすっきりさせる
  4 相手との連帯責任であることを認識しよう
  【トレーニング10】他人の靴を履いて出かける
  5 非暴力コミュニケーション
  【トレーニング11】「自分からのメッセージ」を発する
  6 人はそれぞれ異なるものだ
10章 個性を維持し、プライドを高めること──幸せになるためのガイダンス
  1 あなたが自分自身のことを好きでなければ、他人から好かれるはずはない
  2 自分の価値を知ろう──道路清掃員の原則
  【トレーニング12】自分自身を愛せよ
  3 悲観せず、真情を相手に伝えよう
  4 上司にフィードバックしよう
  5 周囲から尊敬してもらおう。そうすれば厳しい局面を切りぬけられる
  【トレーニング13】周囲の人たちからもっと尊敬してもらおう

あとがき

略歴

[著者]
フォルカー・キッツ Volker Kitz
1975年生まれ。ケルンとニューヨークで法学・心理学を学んだのち、学者、評論家、脚本家、ロビイストなどを経て、現在ドイツ全土で弁護士、コンサルタントとして活躍。ミュンヘン在住。

マヌエル・トゥッシュ Manuel Tusch
1976年生まれ。ケルンとアムステルダムで心理学と成人教育を学んだのち、ケルンで心理カウンセラーを開業し、応用心理学研究所を主宰。各地の大学でコンサルティングについて講義。
キッツとトゥッシュの共著『上司がいなくなっても解決はしない』『こういう人生が送りたい』『心理学 ?!』は、いずれもドイツでベストセラーになっている。

[訳者]
畔上司(あぜがみ・つかさ)
1951年長野県生まれ。東京大学経済学部卒。日本航空業務を経て、現在ドイツ文学・英米文学翻訳家。おもな訳書に『有名人の成功のカギはドラッカーの『マネジネント』にあった』『アメリカで大論争!!若者はホントにバカか』『だれでも1日200回はウソをつく!』(以上、阪急コミュニケーションズ)、『5000年前の男』『アンネの伝記』(共に文藝春秋)、『ノーベル賞受賞者にきく子どものなぜ? なに?』(主婦の友社)などがある。

●装丁/轡田昭彦+坪井朋子
●編集協力/片桐克博(編集室カナール)