トップ > 新刊書籍 > 「時間がない!」を卒業する200のアイデア

「時間がない!」を卒業する200のアイデア 1日が25時間になる超時間節約術

「時間がない!」を卒業する200のアイデア
マイケル・ヘッペル 著
服部真琴 訳
  • 書籍:¥1,600(税別)
  • 電子書籍:¥1,280(税別)
  • 四六判・並製/280ページ
  • ISBN978-4-484-12109-3 C0030
  • 2012.04発行

この本を読めば、あなたは確実に、もっと多くの時間を手に入れられる。実行するかどうかは、あなた次第――英国ナンバーワンのタイムマネジメント術が日本上陸!あらゆる無駄を徹底的に削ぎ落とします。

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS

電子書籍

Amazon kindle 楽天kobo iBookStore honto Reader Store 紀伊國屋書店 BookLive

内容

英国ナンバーワンのタイムマネジメント術が日本上陸!
あらゆる無駄を徹底的に削ぎ落とし、あなたに貴重な1時間をプレゼント。


「時間がない!」はビジネスパーソンの永遠の悩み。
さらに現代は、メールにツイッター、フェイスブック、ネットゲームなど、
私たちの貴重な時間を奪うものであふれている。
どうすれば効率よく無駄を減らし、時間を節約できるのか?

●先延ばしを克服せよ
  ――「やる」と口に出す。そうすれば、やらざるをえない
●隠された時間を発掘せよ
  ――あの手この手で、ほかの誰かにお任せ
●あなたの時間を奪う「時の盗賊」を撃退せよ
  ――隠れろ! できなければ無視するべし
●すべてのことを完全に合理化し、簡素化せよ
  ――オフィスと自宅の両方で
●世界でいちばん大切な人――それは、自分自身

「メールチェックはタスクがひとつ終わってから」「会議は45分」
「無駄な仕事は誰かにお任せ」「メールじゃなくて電話する」
「『やらないことリスト』を作る」「ハイテク機器は正しく使う」……

この本を読めば、あなたは確実に、もっと多くの時間を手に入れられる。
実行するかどうかは、あなた次第。
今こそ、「ごちゃごちゃ」「ぐずぐず」ときっぱり縁を切ろう!

はじめに

 この本は、初めから終わりまで読まないでほしい。あなたが本書を手にしている最大の理由は時間の無駄をなくしたいから。ページをめくっている間、目に飛び込んでくる個所があるはず――それこそ、あなたに最も役立つ時間節約術だ。それ以外の部分は、あなた向きのアイデアではないかもしれない。とりあえずすべて読まなければ、と思う必要はなし。「時間短縮」をモットーに、スピーディに本を読み、目標にすばやくたどり着くコツをさっそく学ぼう。

 キーワードは3つ。「拾い読み」「取捨選択」「実行」だ。

 この本は数分あれば拾い読みできる。目に留まるパートもあるだろう。そうでない個所を目にしたら、あなたの優秀な脳が「今は必要なし。次へ進め」と瞬時に判断してくれるはず。

 膨大な情報のなかから、重要なものと重要でないものを取捨選択する能力が人にはある。直感を信じれば、どこから読むべきかすぐわかる。

 次のステップは、実行。大切なのは何から始めるかではなく、とにかく始めること。この本が紹介する200以上のアイデアのうち、いくつかを実行してみることだ。

目次

 はじめに

CHAPTER 01 「なぜやるか」を意識する
 大きな悩み
 あなたの動機を見つける
 タイムブロック
 ゴミ箱を好きになる
 「ごちゃごちゃ」にさよなら
 ラベルで分類

CHAPTER 02 「ぐずぐず」を克服する
 今を生きる
 時間にごほうび
 「やる」と口に出す
 「行動筋肉」を作る
 決断する

CHAPTER 03 やるかやらないか、それが問題だ
 「やることリスト」がだめなわけ
 10万ドルのアイデア
 「タイム・クアドラント」で優先順位を決める
 「やるべき」を「必ずやる」にする
 やらないことリスト
 結論

CHAPTER 04 邪魔を撃退する
 タイム・バンディット
 素敵に「ノー」と言う
 フェイスブック、ツイッター、その他のソーシャルメディア

CHAPTER 05 自宅
 世界でいちばん大切な人
 友人
 子供
 食事と料理
 テレビ
 読書
 休暇
 テクノロジー
 家庭ファイリング術
 家計管理
 お祝い、行事など
 エクササイズ

CHAPTER 06 仕事
 あなたの時間の価値を知る
 いちばんおいしい仕事
 すごい「お任せ」
 ミーティング
 メール
 パソコン
 電話

CHAPTER 07 上級テクニック
 「私」と「重要」と「その他」
 速読
 ボイスコマンド
 大切なのは「インチ」

CHAPTER 08 25のおまけのアイデア!

 著者について
 謝辞
 さらに

略歴

[著者]
マイケル・ヘッペル Michael Heppell
英国ナンバーワンのモチベーション・トレーナー。自己啓発のエキスパート。 ヨーロッパ各地の会議の基調講演者として人気を誇り、その顧客には、マイクロソフト、ピザハット、ヴァージン・アトランティックなど数多くの有名企業のほか、緊急対策業務に関わる公的機関、英プレミアリーグに所属するプロサッカー選手、テレビ界の有名人なども名を連ねている。
また、著書 "Flip It: How to Get the Best Out of Everything" はベストセラーリスト1位になり、高い評価を受けている。邦訳に『90日間で人生を最高にする方法』(講談社/原題"How to be Brilliant")がある。
彼の最大の目標は100万人の人生にポジティブな影響を与えること。
www.michaelheppell.com
www.saveanhour.co.uk

[訳者]
服部真琴(はっとり・まこと)
翻訳家。主な訳書にE・カント/I・カント『人は顔が10割』、R・ロビンソン『やっぱり、あるあるマーフィーの法則』、W・リトル『サイキック・ツーリスト』(いずれも阪急コミュニケーションズ)などがある。

●ブックデザイン/萩原弦一郎(デジカル)