トップ > 新刊書籍 > 色彩フードセラピー

色彩フードセラピー 子どもを伸ばす親の習慣

色彩フードセラピー
大守光子 著
  • 書籍:¥1,600(税別)
  • 電子書籍:¥1,280(税別)
  • A5判・並製/128ページ
  • ISBN978-4-484-08227-1
  • 2008.10発行

色から子どもの心理状態を把握し、その子の状態に合わせた色彩セラピーと料理で子どもの能力を高めるヒントが満載。子どもの集中力・記憶力をアップさせたい、友達とのコミュニケーションをうまく取らせたい、効率アップ、ストレスをなくす等、かしこくいい子に育てたい親御さんにおすすめです。

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS

電子書籍

Amazon kindle 楽天kobo iBookStore honto Reader Store 紀伊國屋書店 BookLive

内容

色は子どもの気持ちを表すと同時に、心理に影響を与えます。
身の回りの色使いと毎日の食事に「色彩フードセラピー」を取り入れて
子どもの持つ可能性を引き出してあげましょう。

目次

1章 色でわかる!子どもの心理

2章 ストレスを軽減する色彩フードセラピー
レシピ1 五色の彩りおにぎり弁当
レシピ2 自然の味を活かしたおやつ

3章 集中力を高める色彩フードセラピー
レシピ3 ミルクと野菜のクリームシチュー
レシピ4 野菜多めのナポリタン

4章 知識力を高める色彩フードセラピー
レシピ5 ネギトロ巻きと厚揚げの和食
レシピ6 エビチリ&卵と野菜サラダ
レシピ7 自分で作った野菜たくさんカレー
レシピ8 サバのソテーマリネ風ソース

5章 親子の絆を深める色彩フードセラピー
レシピ9 細巻き弁当

著者

大守光子(おおもりみつこ)
栄養士、臨床心理カウンセラー。 1939年12月14日生まれ。徳島県徳島市出身。1962年武庫川女子大学家政学部を卒業。結婚、育児を経た後に、社会福祉法人関西いのちの電話カウンセラー、学校法人百合学院幼・小・中・高等部スクールカウンセラー、学校法人芦屋芸術学院講師、芦屋市カウンセリングセンターチーフカウンセラーなどを歴任する。
三十数年のカウンセリング歴を持ち、研究成果の一つとして開発された色彩心理テスト「Human Color Counseling」は、AIC国際学会論文発表において国際的評価を受け、各国で特許も取得。企業や学校の精神衛生や心のケアなど、さまざまに活用されている。
Human Color心理研究所会長。社会福祉法人関西いのちの電話監事。

●企画・編集/田畑則子
●ブックデザイン/三瓶可南子(6 Design)
●撮影/戸澤裕司
●イラスト/井塚剛
●執筆協力/大守伸次
●料理制作アシスタント/坂本尚美
●取材協力/早田勇(東京ヒューマンカラー研究所)/(株)モデンナ食品購買心理研究所/松波利佳(マンマ・マーノ)