トップ > 新刊書籍 > 夫婦同時ガンになって

夫婦同時ガンになって ガン患者の最新治療報告

夫婦同時ガンになって
菅沼定憲 著
  • 書籍:品切れ
  • 電子書籍:¥800(税別)
  • 四六判・並製/248ページ
  • ISBN978-4-484-06207-5
  • 2006.01発行

夫は中咽頭ガン、妻は乳ガンに…… 同時にガンを宣告された夫婦の愛の記録

電子書籍

Amazon kindle 楽天kobo honto Reader Store 紀伊國屋書店 BookLive

推薦文

私は女房をガンで亡くした。菅沼夫妻の愛と心遣いの細やかさに比べて、私自身がガンでなかったために、随分がさつだった、と思いしらされた。
田原総一朗(ジャーナリスト)

健康であっても愛のない人生はむなしい。病(やまい)を得ても愛があれば前向きに生きられる。夫を癌で亡くした私は、羨望、後悔、共感と、思い乱れる中でこの本を読んだ。
山崎洋子(作家)

ガンに負けるな、オレがついている。
毒蝮三太夫(タレント)

目次

まえがき

第一章 妻の乳ガン発見

第二章 私の中咽頭ガン発見

第三章 ガン細胞とはなにか

第四章 私の中咽頭ガンの手術

第五章 ガン治療の現状分析

第六章 妻の乳ガン治療と手術

第七章 死ぬのが怖い だから生きて 愛する

第八章 未来のガン医療に向けて

第九章 ガンよ、ありがとう

あとがき

著者

菅沼定憲(すがぬま・ていけん)
1936年東京生まれ、慶応義塾大学経済学部卒。放送作家として、「ヤング720」(TBS60年代)「11PM」(NTV70~80年代)「地球知りたい気分」(TX90年代)の構成を担当。「ドキュメンタリィ青春」(TX70年代)の数本を田原総一朗と共作。ほかに単発科学番組多数。ラジオでは「ホンダ・イブニング・ダイアリィ」(TBS80~90年代)の台本を担当。単行本、「ナノテクノロジーの世紀」(ちくま新書)「ここまでできる最先端科学技術」(全三巻、ゆまに書房)いずれも餌取章男と共著。小説、「甘手に溺れて」(1997年婦人公論に三回連載)

●装幀/熊澤正人