トップ > ニワトリをどう洗うか?

ニワトリをどう洗うか? 実践・最強のプレゼンテーション理論

ニワトリをどう洗うか?
ティム・カルキンス 著
  • 書籍:¥1600(税別)
  • 四六判・並製/344ページ
  • ISBN978-4-484-19107-2
  • 8.29発売予定
カルキンス少年の「ニワトリをどう洗うか?」はなぜ完璧だったのか?

5000回以上のプレゼンで勝利してきた、
ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院

(MBA全米トップ5、マーケティング部門No.1)
名物教授による、最強のプレゼン術。
 

・「それはいい質問ですね」は1度しか使えない。
・ビジネスのプレゼンでは、笑いをとってはいけない。
・スティーブ・ジョブズのマネをしてはいけない点がいくつかある。……etc
 
もうプレゼン本は他にはいらない。



私は優れたプレゼンの力というものを実感している。強力なプレゼンがどれほどのインパクトをもたらすものか、私は身をもって知っている。それは人々の意見を変えさせ、支持や承認を得ることにつながりうる。チームのモチベーションを高めることもできる。
 世界一のアイデアをもっていても、それをうまく示すことができなければ理解してもらえない。会社の経営幹部に計画の提案をすることは、いくつかの面でニワトリを見本市に持っていくことに似ている。見栄えが最高に良くなるように、磨きをかける必要があるのだ。(1章「ニワトリの洗い方」より一部抜粋)



プレゼンのスキルが高まれば、確実に仕事の成果も向上する。
 

 「ニワトリの洗い方」
 この本について
 必要性を見極める
 目的を明確にする
 相手を知る
 あらゆるプレゼンに必要な5つの要素
 ストーリーをまとめる
 シンプルなページを作る
 説得力のあるデータを使う
10 事前の売り込み
11 準備とリハーサル
12 セッティング
13 自信をもってプレゼンをする
14 質問への対応
15 フォロー
16 「TEDトーク」とスティーブ・ジョブズ
17 プレゼンに関する「よくある質問」
18 5つの主要な研究
19 プレゼンの秘訣25


書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS TSUTAYAonline

プロフィール

[著者]
ティム・カルキンス(Tim Calkins)
ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院教授、マーケティングコンサルタント。イェール大学卒業後、ハーバード大学でMBA取得。専門はマーケティング戦略、バイオメディカル・マーケティング。コンサルタントとして、イーライリリー、ロシュ、ノバルティス、ペプシコなどの大手企業のクライアントをもつ。ケロッグ・ブランディング・エグゼクティブ教育プログラムの学術ディレクターを務めるほか、「ケロッグ・スーパーボウル・アドバタイジング・レビュー」の立ち上げからブランディングまで行っている。2006年と13年にケロッグ経営大学院最優秀教授賞を受賞するなど、教育活動で数多くの賞を受賞。「フィナンシャル・タイムズ」、「ウォールストリート・ジャーナル」、「ニューヨーク・タイムズ」やテレビのコメンテーターとしても活躍している。本書は優秀な教え子たちがマーケティング分析ではなく、プレゼンテーションで失敗している例を多く見てきたことから、見栄え良く、効果的なプレゼンのまとめ方と実行方法を記したものである。
 
 
[訳者]
斉藤裕一 Yuichi Saito
ニューヨーク大学大学院修了(ジャーナリズム専攻)。主な訳書に『「評判」はマネジメントせよ 企業の浮沈を左右するレピュテーション戦略』『脳のフィットネス 完全マニュアル』『先延ばし克服完全メソッド』『ギグ・エコノミー襲来 新しい市場・人材・ビジネスモデル』『どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門』(以上、CCCメディアハウス)などがある。
装丁&本文デザイン 竹内淳子(株式会社新藤慶昌堂)
校閲 円水社