トップ > 新刊書籍 > 1日40秒×2 ひざのお皿エクササイズ

ひざ痛がウソのように消える! 1日40秒×2 ひざのお皿エクササイズ

1日40秒×2 ひざのお皿エクササイズ
高林孝光 著
  • 書籍:定価1430円(本体1300円)
  • 電子書籍:定価1144円(本体1040円)
  • A5判・並製/112ページ
  • ISBN978-4-484-21237-1
  • 2021.12発行
こんな方法があったんだ!

「なぜ、こんなあたりまえのことに、これまで気づかなかったのか」
本書では、「ある発見」をもとに考案した、ひざ痛のセルフケアを初公開します。
その効果は私の予想をはるかに超えるものでした。
この方法によって、ひざ痛を克服したかたがたが続出しているのです。
(本書「はじめに」より)

やり方は簡単。長座になり、両手の親指と人差し指でひざのお皿をはさみ、
浮かすようにしながら、上下、左右、斜め方向に10秒間ずつずらします。
これだけでひざ痛がとれるだけでなく、腫れグセ、水のたまりグセが改善します。
曲がったひざも伸びてきれいに見えます。O脚の改善にも有効です。

●腫れ・痛みが引いた
●水がたまらなくなった
●手術を回避できた
●長く歩けた
●階段もラクラク
●正座ができるようになった
●O脚が改善した
●こむら返りがなくなった

「ひざのお皿を浮かせるだけ」の簡単セルフケアで、
あなたもぜひ「自在に動くひざ」を取り戻してください。


書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS TSUTAYAonline

電子書籍

Amazon kindle 楽天kobo honto 紀伊國屋書店

はじめに

「なぜ、こんなあたりまえのことに、これまで気づかなかったのか!」
 これは、ひざ痛に悩む患者さんを救う方法を模索しているなかで、私が「ある発見」をしたときに、思わず発した心の叫びです。長年、治療家として活動していながら、まさに「灯台下暗し」でした。

 私は鍼灸師と柔道整復師しの両方の資格を生かして、都内で治療院を開業しています。この治療院は、「アスリートゴリラ鍼灸接骨院」という名称から、アスリート専用と思われることが多いようです。
 確かに、車イスソフトボール日本代表チームなど、私はこれまでに数多くのトップチームでトレーナーを務めさせていただきました。選手個人レベルでも、世界ランキングトップクラスのプロゴルファー、フェンシングの日本代表選手、バイアスロンのオリンピック出場選手、大相撲の力士などのフォローをさせていただいています。2021年8月には、男子バレーボールのインターハイ東京代表チームに帯同し、準優勝の成績を収めることができました。
 しかし、当院は決してアスリート専用の治療院ではありません。むしろ、スポーツ障害やコンディションの調整のために来院されるかたよりも、一般的な「痛み」の治療に通われる患者さんのほうが圧倒的に多いのが実状です。
 現在、医療の世界は日進月歩の進化を遂げています。AI(人工知能)を応用した診療や、最先端のテクノロジーによる手術法の開発などにより、患者さんにとって低侵襲の(体の負担の少ない)医療が現実のものとなっています。こうした重症の疾患や、治療の困難な疾患に対する医療の進歩には、目を見張るものがあります。
 しかし、その一方で、何年たっても昔から変わらない部分もあります。その代表的なものが、私が専門とする「痛み」の治療です
 たとえば、肩こりがひどくて、整形外科を受診したとしましょう。医師は、問診と触診、場合によってはレントゲン検査などをしたのち、消炎鎮痛剤と湿布薬を処方して、たいていの場合、こういいます。「しばらく様子を見ましょう」と。
 それで痛みが消えれば、問題はありません。しかし、現実は、薬を飲んでも湿布を貼っても、肩こりが治ることはなく、いつしか整形外科から足が遠のき、困り果てて、鍼灸や柔整の治療院を訪れるかたがあとを絶たないのです。「アスリートゴリラ鍼灸接骨院」と名乗っているにもかかわらず、当院の患者さんが、アスリートよりも一般的な痛みに悩むかたのほうが圧倒的に多いのも、そのためです。
 確かに、肩こりで死ぬことはないでしょう。しかし、常に肩の痛みや重だるさに襲われている本人にとっては、一刻も早く解決したい悩みであることは間違いありません。
 こうした痛みのなかでも、とくに患者さんにとってつらいのが、ひざ痛ではないでしょうか。もちろん、前述の肩こりをはじめ、腰や首、背中などの痛みも決してらくなものではありません。しかし、ひざ痛の場合、「歩く」という日常生活の基本動作に支障をきたす点が、実に深刻な問題としてのしかかります。
 毎日のように訪れる、ひざ痛の患者さんをなんとか救いたい。その思いから、私は長年、試行錯誤を重ねてきました。書店のたなに並んでいるひざ痛をテーマにした実用書は、ほとんど読み尽くしたといってよいと思います。
 そのなかで、私はある大きな発見をしました。そのときに、心の中で思わず発したのが、冒頭の「なぜ、こんなあたりまえのことに、これまで気づかなかったのか!」という思いなのです。

 本書では、その「ある発見」をもとに考案した、ひざ痛のセルフケアを初公開します。決してむずかしい方法ではありません。「こんな簡単な方法で本当にひざ痛が治るのか」と思うかたもいるでしょう。しかし、その効果は私の予想をはるかに超えるものでしたこの方法によって、ひざ痛を克服したかたがたが続出しているのです
 本書が、国内に3000万人はいると推定される、ひざ痛に悩むかたがの福音書となることを心から願っています。



目次

はじめに

第1章 なぜあなたのひざ痛は治らないのか
 ひざ痛の原因の9割を占める病気とは 
 ひざが痛む本当の原因 
 関節が変形しても痛みの出ない場合もある 
 痛み止めや湿布では根本的な解決はできない 
 運動療法こそ痛みの治療の王道

第2章  ひざ痛を治すカギはひざの〝もう一つの関節〟にあった
 ひざを動かして栄養と酸素を補給 
 ひざを側面から見て気づいた 
 滑車の役割をする重要な骨
 〝もう一つの関節〟にアプローチする運動療法の誕生

第3章  ひざ痛を40秒で消す「ひざのお皿エクササイズ」のすべて
 まずはストレッチで体の状態を整えよう 
 骨盤起こしのやり方 
 お尻伸ばしのやり方 
 ふくらはぎ伸ばしのやり方
 4方向へ10秒ずつ動かすだけ 
 ひざのお皿浮かしのやり方 
 筋トレも加えればさらに効果的 
 かかと10センチ上げ筋トレのやり方
 脚上げ足首曲げ筋トレのやり方 
 タオルギャザーのやり方 
 壁つき後ろ歩きのやり方 


第4章  ひざのお皿エクササイズでひざ痛を克服した体験者の手記

 ダンスで酷使して悲鳴をあげた右ひざが
 1ヵ月でほぼ正常な状態に戻り
 腫れも痛みも引いて水がたまることもなくなった

 長いデスクワークが原因のひざ痛が2~3週間で軽快し
 駅の階段もらくに上れるようになったうえに
 なんと6キロのダイエットにも成功

 半月板がすりへって手術をすすめられた
 変形性膝関節症の激痛が2ヵ月半でほとんどなくなり
 O脚まで改善して感激

 歩きすぎた日に突然現れた両ひざの激痛が
 4~5日後には軽くなり
 いまでは1日8000歩も歩けるほどの健脚

第5章 ひざ痛のここが知りたいQ&A

Q1 ひざが痛くて病院に行ったら「ひざに水がたまっている」といわれました。水を抜くとクセになるので抜かないほうがよいと聞いたことがありますが、やはり抜かないほうがよいのでしょうか?

Q2 ひざが痛くなったら、患部を冷やしたほうがよいのでしょうか? 温めたほうがよいのでしょうか?

Q3 ひざ痛のリハビリテーション(機能回復訓練)として、週に2回、整形外科で脚の筋力トレーニング(筋トレ)を行っていますが、効果を感じられません。

Q4 太っていると、ひざに負担がかかって痛くなるといいますが、私はガリガリにやせているのに、ひざが痛くてたまりません。なぜでしょうか?

Q5 すりへったひざの関節の軟骨は、元に戻ることはないのでしょうか?

Q6 ひざ痛の発症に男女差はありますか?

Q7 レントゲン検査で、「ひざの関節に骨棘ができているので手術をして除去したほうがよい」といわれました。骨棘とはどういうものでしょうか? また、手術は受けなければいけませんか?

Q8 ひざの状態をよくすることで、改善が期待できる病気や症状はありますか?

おわりに
参考文献

著者略歴

高林孝光(たかばやし たかみつ)
アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長
治療家(鍼灸師・柔道整復師)としてこれまでに延べ10 万人以上を施術。バレーボールのJOC ジュニアオリンピックカップ東京代表トレーナー、車椅子ソフトボール日本代表のチーフトレーナーを務めるなど、悩みを抱える多くのアスリートを治療。有名プロゴルファー、フェンシングやレスリングの日本代表選手ら著名人の治療実績も豊富。
日本テレビ系列「ヒルナンデス! 」では肩こり特集で全国の6 人の治療家の1 人に選ばれ、テレビ東京系列の「追跡LIVE! SPORTS ウォッチャー」ではアスリートのケガに詳しい専門家として解説するなど、メディア出演多数。
主な著書に、『五十肩はこう治す! 』(自由国民社)、『病気を治したいなら肝臓をもみなさい』(マキノ出版)、『ぷるトレ』(飛鳥新社)、『1日7秒手を伸ばしなさい』(ダイヤモンド社)などがある。









●モデル/下山直美

●編集協力/狩野元春(ヤンドラ)
●装丁・本文デザイン/村岡志津加(Studio Zucca)
●写真/冨樫東正(studioBloomRoom)
●イラスト/植本 勇
●ディレクション/川嵜洋平(プリ・テック)
●プロデュース/中野健彦(ブックリンケージ)