トップ > 「ひらめき」はこう生まれる

「ひらめき」はこう生まれる クリエイティブ思考ワークブック

「ひらめき」はこう生まれる
ドルテ・ニールセン&サラ・サーバー 共著
岩崎晋也 訳
  • 書籍:¥2300(税別)
  • A5変型判・並製/200ページ
  • ISBN978-4-484-18113-4
  • 9.26発売予定
 クリエイティビティは一部の天才だけのものではない。
誰もが練習で習得できる。
 ビジネスで一番大切なのは「連想」と「発想」。
他の誰もが思いつかないクリエイティビティを練習で手に入れよう。


アイデアを生みだすのがうまい人はつながりを見つけるのがうまい。


 つながりを見つけられれば新たな選択肢を見つけ、独自の解決策を
生みだし、遠くのものを組み合わせることができ、そこから独創的な
アイデアが生まれてくる。つながりを見つけ、生みだす能力を鍛えれば、
精神的な柔軟性、頭の回転の速さ、適応力が身につく。それはまた、
クリエイティブに考える人の特徴である独創的なアイデアを得ることにも
つながる。(Part 1 より抜粋)
 
 
つながりを見つける能力を鍛えることで
クリエイティブに考える能力が高められる。



書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS TSUTAYAonline

目次

序文
はじめに
 
Part 1 つながりを見つけること
クリエイティブな思考の中心にあるもの
意外なつながり
クリエイティブな人の考え方  
つながりの殿堂
 
Part 2 隠されたセオリー
理論的な基礎 
シネクティクス
遠隔性連想検査(RAT)
RATをやってみよう
神経科学者たちの言葉
指揮者と司書
クリエイティビティの鼓動 
拡散的思考とリーダーシップ
 
Part 3 内なるクリエイティビティを高めよう
クリエイティビティは教えられるのか? 
クリエイティブなつながりのトレーニング
1001のアイデア 
始める前に
つながりを見つけるには
観察
課題1――散歩 
観察とひらめき 
課題2―目的のある散歩
ひらめき 
課題3―ひらめきのもと
ブートキャンプへようこそ
エクササイズ1――別の使い方1
エクササイズ2――自転車
エクササイズ3――視覚的つながり1
エクササイズ4――視覚的つながり2
エクササイズ5――ジョーク
掛け合わせたら何ができる?
答えの例
エクササイズ6――見出しをつける
エクササイズ7――RAT
RATをやってみよう
RATの回答例
エクササイズ8――ランダムな視覚的つながり
エクササイズ9――シューズ+
エクササイズ10――映画のキャッチコピー
エクササイズ11――ストーリー・ウィンドウ
エクササイズ12――視覚の精緻化1
エクササイズ13――視覚の精緻化2
エクササイズ14――共通点
回答例
エクササイズ15――ひっくりかえす
エクササイズ16――別の使い方2
エクササイズ17――視覚的だじゃれ
エクササイズ18――新たな女神、ミス・スペル
エクササイズ19――キッチンで
エクササイズ20――サイコロ作文
エクササイズ21――別の使い方 ファイナル
 
Part 4 つながりの活用
日常に戻って
未来を切りひらくドライブ
送辞
クリエイティブなつながりを生みだす道具
道具1――マインドマップ
マインドマップをつくろう
道具2――クロス・コネクション
クロス・コネクションをやってみよう
道具3――ランダム・インスピレーション
ランダム・インスピレーションを使う
 
参考文献
写真・イラストクレジット
謝辞


プロフィール

[ 著者 ] ドルテ・ニールセン Dorte Nielsen
ロンドンのオグルヴィでアートディレクターとして働き、D&AD賞やカンヌ・ライオンズといった広告賞を受賞したあと、故郷のコペンハーゲンに戻り、デンマーク・メディア・ジャーナリズム・スクールにクリエイティブコミュニケーション学科を創設。クリエイティブな才能の育成にたずさわっている。そのクリエイティビティ向上のカリキュラムにより、同学科は数多くの広告賞受賞者を輩出。著書に『Idébogen(The Idea Book)』と『Inspired』がある。クリエイティビティに関わる神経科学を探求しつつ、デンマークのクリエイティブ産業の業界団体クリエイティブ・サークルの2期目の議長を務めている。
 
サラ・サーバー Sarah Thurber
自宅の地下室で6フィートもの張り子のワニをつくるなど、幼いころから型破りなクリエイティブ思考を発揮。フリーライターとして世界を回り、シカゴを拠点にクリエイティビティをテーマとして執筆している。世界中の大学で教科書として使われている『創造的問題解決―なぜ問題が解決できないのか』の編集を担当。現在は、「フォーサイト・シンキング・プロファイル」を発行する国際的なイノベーション企業フォーサイトの業務執行社員として、認知の多様性や協調的問題解決に関する研究をサポートしている。


[ 訳者 ] 岩崎晋也 Shinya Iwasaki
翻訳家。訳書に『アー セン・ヴェンゲル』『もうモノは売らない』(ともに東洋館出版社)、『すごいヤツほど上手にブレる』(TAC出版)、『トレイルズ』(エイアンドエフ)など。
 


装丁&本文デザイン 竹内淳子(慶昌堂印刷株式会社)
翻訳協力 株式会社リベル