トップ > 新刊書籍 > 筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?
千田 琢哉 著
  • 電子書籍:¥960(税別)
  • ISBN978-4-484-13361-4(電子版)
  • 2018.2発行
説得力は、胸板の厚さに比例する! !

見た目がごつい人は、それだけで意見が通りやすいものだ。
なぜなら、ごついとそれだけで「押しが強く」なり、
自信があるように見えてしまうためである。

また、見た目ということ以外でも、「ここぞ」というときに、
いかに踏ん張りがきくか、いかに集中力をもって事に当たれるか、ということは、
その人が持っている筋力、体力にかかっている部分が大きいものだ。

大学時代ボディビル部に所属し、
全日本学生パワーリフティング選手権大会で2位になった実績を持ち、
また体を鍛える多くのエグゼクティブたちと交流を持ってきた著者が、
仕事で結果を出すための体を獲得するための方法を明かした。

電子書籍

Amazon kindle 楽天kobo honto Reader Store 紀伊國屋書店 BookLive

プロフィール

千田琢哉(せんだ・たくや)

文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。

東北大学ボディビル部出身。
同部では主将、東北学生連盟理事長を務め、選手としては全日本学生パワーリフティング選手権大会100㎏級第2位。

大学卒業後、日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では多くの業種業界におけるプロジェクトリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって得た事実とそこで培った知恵を活かし、“タブーへの挑戦で、次代を創る"を自らのミッションとして執筆活動を行っている。

著書は本書で99冊目。