トップ > 新刊書籍 > 最新 基本イタリアワイン

最新 基本イタリアワイン 増補改訂第4版

最新 基本イタリアワイン
林 茂 著
  • 書籍:¥4000(税別)
  • 電子書籍:¥3200(税別)
  • 四六判・上製/894ページ
  • ISBN978-4-484-17232-3 C0077
  • 2018.2発行
イタリアワインの「定本」が、「日本料理とイタリアワインの相性」など新情報を大幅に増補して11年ぶりに大改訂。イタリアワインと料理を楽しむすべての人に。

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS TSUTAYAonline

電子書籍

Amazon kindle 楽天kobo honto Reader Store 紀伊國屋書店 BookLive

第4版刊行にあたって

 私がイタリアでソムリエの資格を取得したのは一九九五年。もう二〇年以上も前のことになります。日本人としてはイタリアにおけるこの資格の最初の取得者でした。
 翌年、本書(初版)を刊行し、二〇〇〇年に第2版、二〇〇六年に第3版を刊行しました。第3版刊行以来すでに一〇年以上がたち、初版刊行から数えると二〇年以上もの時が経過したことになります。
  
 この本はもともと、私自身がイタリアワインを勉強した際、そのあまりの多様さから非常に分かりにくく、また日本にイタリアワインを体系的に解説した本がなかったことから、「わかりやすいイタリアワインの本を書こう」と思って書き始めたものです。
 本文中には、資料となる規定のみならず、ワインと料理の相性やソムリエの心得などの情報も加えたことから、本書はイタリアワインを勉強される方だけではなく、ソムリエを目指す方、レストランで働く方など多くの読者に恵まれました。
  
 しかし、時間の経過とともにイタリアワインの規定も変わり、また、新しい情報も必要になってきます。この一〇年で、三五だったDOCGワインが七四に倍増し、DOCG、DOCの規定ワインの数は四〇七を数えるまでになりました。
 そこで今回の第4版では、第6部(イタリアの主なワイン)において、各州・各地方の地図にこの全てを掲載することにしました。イタリアワインを知るうえで地図は非常に大切であると考えたからです。また、地図に続く各州の冒頭解説部分では、その州の特徴を理解していただくためにかなりのページ数を割きました。
 さらに、第4部(イタリアワインと料理の相性)では、イタリア料理のみならず、日本料理についても考察し、イタリアワインと日本料理の組み合わせ方についての解説を加えました。これは、日本において今後イタリアワインが和食店でも多く扱われるようになり、家庭で飲まれる機会も増えると考えたからです。
  
 ということで、「この本一冊あればイタリアワインの基本から実践まですべて学べる」イタリアワインの定本としての価値を高めるべく、今回も二〇〇ページ以上を加筆することとなりました。
 本書前半の読本部分では、イタリアワインの基本を学び、後半では、実際にワインを調べたり覚えたりする際に使っていただければと思います。
 イタリアワインのみならず、イタリアの食文化を学び、自分のものにしていきたいと考える読者のみなさんのお役に立てれば、著者としてこれに過ぎる喜びはありません。

目次

第1部 イタリアワインを楽しむ
 イタリア人にとってのワインとその楽しみ方
 イタリアワイン――近年の変化
 イタリアワインの歴史
 
第2部 イタリアワインについて
 イタリアワインの醸造
 イタリアワインの分類
 イタリアワインの特徴
 イタリアの主なブドウ品種
 特殊なワイン、食前・食後酒、コーヒー
 ラベルの読み方
 ワインの評価の仕方
 イタリアのソムリエについて
 
第3部 ワイナリーめぐり
 ピエモンテ州のワイナリー
 ロンバルディア州のワイナリー
 トレンティーノ・アルト・アディジェ州のワイナリー
 ヴェネト州のワイナリー
 フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州のワイナリー
 エミリア・ロマーニャ州のワイナリー
 トスカーナ州のワイナリー
 マルケ州のワイナリー
 ウンブリア州のワイナリー
 カンパーニア州のワイナリー
 プーリア州のワイナリー
 シチリア島のワイナリー
 イタリアのワイン保護協会
 
第4部 イタリアワインと料理の相性
 ワインと料理の組み合わせの基本
 イタリアワインと料理の相性
 イタリア各地のワインと料理
 イタリア各地の郷土料理とワインの組み合わせ
 イタリアワインと日本料理
 ワインと料理の組み合わせ表
 
第5部 イタリアワインと料理との組み合わせ
 ワインに合わせた料理の選択
 料理に合わせたワイン選択の基本
 ワインと料理の組み合わせ・実践編
 イタリア各地の名物料理とワインの組み合わせ・実践編
 イタリアワインと日本料理の組み合わせ・実践編
 
第6部 イタリアの主なワイン
 ※イタリアワイン主要銘柄の詳細を州別に紹介
 (DOCG、DOCワインは各州地図にすべて記載)
 イタリアの主な高級テーブルワイン
 V.d.T. I.G.T.(地域表示付きテーブルワイン)一覧表
 ブドウ品種早見表

 参考文献・取材協力
 索引

略歴

林 茂(はやし しげる)
1954年静岡県出身。78
年埼玉大学経済学部卒業後、サントリー株式会社入社。8286年と9099年の13年にわたりイタリアに駐在。2005年にコンサルティング会社のソロイタリアを設立し、代表取締役に就任。91年には日伊の食文化交流に貢献した功績によりカテリーナ・ディ・メディチ賞を受賞し、パルマ・アリメンターレ協会が優れた記事を書いたジャーナリストに与える「マリア・ルイージャ賞」を日本人で唯一受賞している。95年に日本人として初めてAIS(イタリアソムリエ協会)認定のソムリエ資格を取得。169月にはアルバ騎士団名誉騎士の称号、同年11月には世界ソムリエ協会認定、イタリアプロフェッショナルソムリエ協会よりPremio Emozioniを受賞、さらにドバイで行なわれたItalian Cuisine World Summitにてイタリア食文化の功労者に送られる賞を受賞した。イタリアのワイン業界雑誌L’Enologoの表紙を飾るなど、名実ともに日本におけるイタリアワインの第一人者。著書に『イタリアワインの教科書』(イカロス出版)他多数。

●装丁/熊澤正人+村奈諒佳(パワーハウス)
●イラスト/マリアエリーザ・レボローニ