トップ > 新刊書籍 > 「鬼平犯科帳」から見える東京21世紀

古地図片手に記者が行く 「鬼平犯科帳」から見える東京21世紀

「鬼平犯科帳」から見える東京21世紀
小松健一 著
  • 書籍:¥1350(税別)
  • 電子書籍:¥1080(税別)
  • 四六判・並製/224ページ
  • ISBN978-4-484-17237-8
  • 2017.12発行
「鬼平」こと長谷川平蔵はいまの警視庁一課長?! 裏社会にも通じ、その人脈を活用するいっぽう、犯罪被害者には寄り添い、日本初の更生施設も開設した。古地図と想像力を頼りに時空を越えて歩けば、いまにつながる社会の仕組みと、いまも変わらぬ人の情が見えてくる。

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS TSUTAYAonline

電子書籍

Amazon kindle 楽天kobo honto Reader Store 紀伊國屋書店 BookLive

内容

いまにつながる社会の仕組みと、
いまも変わらぬ人の情


「サツ回り」をしていた頃、
『鬼平犯科帳』を愛読する警察幹部がいると知った。
小説の世界と、史実の江戸と、21世紀東京――。
フィクションとノンフィクションのはざまを
時空を越えて歩いた。

大切なのは古地図と豊かな想像力。
そうすると、きっと見えてくる。


火付盗賊改方長官・鬼平と江戸の
こんなところに共感!


・ 裏社会の人材(密偵)を登用
・ 日本初の職業訓練所・更生施設「人足寄場」を開設
・ 性犯罪の被害者に寄り添う
・ 捕まるならば火付盗賊改方にと自首する者、続出
・ 社会の底辺で犯罪に手を染めた者や娼婦に見せるやさしさ
・ 夫婦げんかも仲裁?!


長谷川平蔵がわかる! 江戸のしくみがわかる! 
いまが見える!


著者

小松健一(こまつ・けんいち)

毎日新聞統合デジタル取材センター局次長委員

1958年、大阪市生まれ。大阪市立大商学部卒、神戸大大学院(経営学研究科)修了後、毎日新聞社入社。松山支局、大阪社会部、東京社会部を経てバンコク支局長、夕刊編集部長、北米総局長(ワシントンDC駐在)、編集編成局編集委員などを歴任。歌舞伎町の裏社会ルポなどの街ネタから政治家・官僚汚職、地下鉄サリン事件など一連のオウム真理教事件、旧ユーゴスラビア内戦やアフガン戦争などを取材した。街歩きの連載は「赤瀬川原平の『散歩の言い訳』」(夕刊)、「町田忍の昭和レトロ散歩」(デジタル版)、「酒場のおんな」(同)、「鬼平を歩く」(朝刊)を担当。2016年12月からチンドン屋の人生と街を描く「チンドンの世界」、続編の「チンドン繁盛記」(朝刊)を取材、執筆中。毎日新聞旅行の古地図散歩ツアーの案内人を務め、FMえどがわのトーク番組「日本のカタチ 江戸はこんなに面白い」に出演している。
 

目次

1 怖くて、やさしくて、やはり怖いお人
2 時報に名残り 「時の鐘」の知恵
3 半グレ旗本が跋扈 武士のニュータウン
4 兎汁に、軍鶏鍋 食欲そそる鬼平グルメ
5 名産品も生んだエリート同心たちの副業
6 茶屋の娘は“会いに行けるアイドル”
7 妻よりは 妾の多し 門涼み
8  江戸のセクショナリズム⁉ 火盗改方 v.s 町奉行所
9 いまは卵、江戸の物価の優等生は?
10 はやる気持ち、吉原へ急いだ水上タクシー
11 「江戸の華」どころではない 大火災と仮設住宅
12 職業訓練で社会への復帰を促して
13 父しのぐ息子の出世
14 面倒な気遣いを避けたい 迂回大名の心情
15 花見でどんちゃん騒ぎのレクリエーション公園
16 武士道の地域格差
17 グレーな人脈の活用
18 世の不条理への義憤、弱者への視線
19 信頼できる人間関係 平蔵を支えた密偵網
20 大晦日も正月も関係なし 多忙の火付盗賊改方
21 石段を跳び刺客をかわす
22 高利貸しとサラリーマン武士
23 賞罰正しく、慈悲心深く、頓知の裁き多し人
24 犯罪被害者に配慮 秘密を胸に…
25 理想の上司の嘆き
26 『鬼平犯科帳』と『剣客商売』 ヒーローたちの出会い
27 家臣も酒でつい饒舌、幕府の人事がうわさの的
28 交番の役割を果たした辻番 意外と頼りにならない?
29 キャンペーンガールにミスコン、商売繁盛を担う美女たち
30 番外編:鬼平のロケ地を訪ねて①「五鉄」は「鶴や」工夫に感動
31 番外編:鬼平のロケ地を訪ねて②江戸の風景に見える意外な名所
32 違法の遊里を利用? 新開地の地域振興政策
33 諸藩の外交の舞台は東京湾をぐるりと望む景勝地
34 江戸は江戸城から4里 郊外だった目黒
35 火見櫓と東京タワー 時代とランドマーク
36 東京湾の船からも見えた望楼 1971年まで活躍
37 盗賊が暗躍 船積み問屋が集中した経済の町
38 客引きに、ぼったくり…盛り場がつまらなかった麻布
39 冤罪、情報漏洩、殺人事件…部下の不祥事と組織
40 男社会の胃袋満たしたファストフード社会
あとがき