トップ > 新刊書籍 > アステイオン94

アステイオン94

アステイオン94
公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会 編
  • 書籍:定価1100円(本体1000円)
  • 電子書籍:定価1100円(本体1000円)
  • A5判・並/304ページ
  • 978-4-484-21216-6
  • 2021年5月発行
【特集】再び「今、何が問題か」
2012年5月発行の『アステイオン』76号では、「今、何が問題か」を
特集テーマに、新たに発足した
編集委員会のメンバー全員が論考を寄せた。
「今」とはいつなのか、「問題」とは何を意味するのか?


ほぼ10年たった今。編集委員会を再編成したのを機会に、再び
「今、何が問題か」を新旧の編集委員の
全員が語ることで新委員を
読者に紹介するとともに、改めて「今」を問いたい。




田所昌幸/中西寛岡本隆司武田徹土居丈朗張競苅部直待鳥聡史池内恵

【論考】
北岡伸一/渡辺将人/相良祥之



書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS TSUTAYAonline

電子書籍

Amazon kindle 楽天kobo honto 紀伊國屋書店

目次

【特集】再び「今、何が問題か」
巻頭言・・・・・・田所昌幸

品位ある社会の構築に向けて
・・・・・・中西寛

中国の問題、中国という問題
・・・・・・岡本隆司

言と行、言と文――二重の不一致について
・・・・・・武田徹

通貨と実体経済の異常な関係――ポスト・コロナにインフレの種
・・・・・・土居丈朗

疾走する技術に引き裂かれた社会と文化の行方
・・・・・・張競

未来を失ったわれわれの希望――「ここちよい停滞」のあとに
・・・・・・田所昌幸

文系と「価値」、文系の「価値」
・・・・・・苅部直

専門知の居場所
・・・・・・待鳥聡史

歴史としての中東問題
・・・・・・池内恵

「インド太平洋の世紀」に
・・・・・・細谷雄一 

■論考■
西太平洋連合を構想する
・・・・・・北岡伸一

民主主義をめぐる「トランプのジレンマ」
・・・・・・渡辺将人

危機管理としての日本のコロナ対応
・・・・・・相良祥之

■世界の思潮■
牛疫との闘いに見るウイルス制覇のヒント
・・・・・・詫摩佳代

香港デモの語れない話を語る
・・・・・・安田峰俊

印中国境問題――深層を読み解くためのチベット・ファクター
・・・・・・笠井亮平

弱き者よ、汝の名は白人男性作家なり?
・・・・・・野崎歓

■時評■
建築に見る日本文化論
・・・・・・高階秀爾

取り違えられた記憶
・・・・・・渡辺裕

クツヌギ
・・・・・・藤森照信

新型コロナウイルスワクチン事情
・・・・・・新妻耕太

他者理解のためのしんどい日々
・・・・・・濱野ちひろ

ニュースの見出しと「言葉の実習」
・・・・・・古田徹也

人がいいのにもほどがある
・・・・・・奥本大三郎

■写真で読む研究レポート■
「生命循環」を祈る「渦巻」――ユーロ=アジア文明を架橋する文様芸術
・・・・・・鶴岡真弓

博物学者・南方熊楠と学術賞の効能
・・・・・・志村真幸

■連載■
第7回夢を種蒔く人・厨川白村――英語教師から新進気鋭の評論家へ(下)
・・・・・・張競
●アステイオン編集委員会委員
 
委員長 田所昌幸 
    岡本隆司
     武田徹
            張 競
             土居丈朗
      中西 寛
 
●ブックデザイン/清原一隆(KIYO DESIGN)
●翻訳協力/ジャネット・アシュビー
●校閲/竹内輝夫
●編集協力/CCCメディアハウス書籍編集部