トップ > 新刊書籍 > 働く女子の女優力

誰からも好かれて、体も心もラクになる 働く女子の女優力

働く女子の女優力
別役慎司 著
  • 書籍:¥1,350(税別)
  • 電子書籍:¥1,080(税別)
  • 四六判・並製/232ページ
  • ISBN978-4-484-17223-1
  • 2017.8発行
仕事が楽しくなる64魔法の演技術を伝授。
 
ビジネススキルは男性視点で書かれたものばかり。ですから、ビジネススキルが女性にとっては重荷になってしまうことも多いのです。
ビジネススキルではなくアクティングスキルを磨き、ビジネスを演技で乗り切りましょう。仕事の9割は演技で乗り切れるのです。

 

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS TSUTAYAonline

電子書籍

Amazon kindle 楽天kobo iBookStore honto Reader Store 紀伊國屋書店 BookLive

内容

今日から仕事が楽しくなる演技の魔法64

*あの上司、苦手なんですけど……
*明日のプレゼン、苦痛……
*プレゼンがうまくなりたい……
*こんなに怒られたら立ち直れない……
*座りっぱなしで全身が痛いよ……
*満員電車、もうイヤ! 
               ……etc


女優になりきれば、どんな仕事も乗り切れる。
心も体も穏やかに働き、なりたい自分になる!



目次

はじめに

第1章「緊張を緩和し、人間関係をラクにするための演技の魔法」

01「人間関係がめんどくさい……」
02「なんでグズグズしちゃって、はやく取りかかれないの?」
03「自信ないよ~」
コラム パワーポーズ 女優力で世界的に成功した女性
04「こんなに怒られたら、もう立ち直れないよ……」
05「あの上司、苦手なんですけど……」
コラム フォーラムシアター 俳優は引きずらない
06「会議長いなあ……あ~あ~疲れる~」
コラム 無生物化 イメージの力で場が埋まる
07「初対面の人と会うのはプレッシャー……」
コラム 集中の円 人の心をとらえるフォーカスコントロール
08「もしや私、なめられてる?」
コラム 眼力 眼力は武器にもなり防具にもなる
 

第2章「不安やイライラから逃れ、自分を優しくいたわる演技の魔法」

09「一日中座りっぱなしで全身痛いよ……」
10「デスクワークしすぎて肩こりもひどいし、目もかすんできた……」
コラム 緊張 起きている時間の8割は緊張している
11「不安でビクビク、悪い予感しかしない~」
12「もう満員電車、やだ~」
13「どうやったら自信持てるの?」
コラム 感情の記憶 女優は感情の記憶を利用する
14「不安で心が落ち着かない……」
15「あ~、仕事辞めたい!!」
コラム ドラマセラピー 演じることはセラピーにも応用されている
16「あ~、仕事楽しくない」
コラム アイ・ウォント 行動が生まれる「アイ・ウォント」の力
17「悩み事が多すぎて潰れそう」
コラム 願望実現 イメージを使って願望実現
18「願いを叶えたい!」
 

第3章 自分を魅力的に変革するための演技の魔法

19「仕事が山積みで減らないんですけど……」
20「感情を出すのが苦手」
21「どうすれば自分を変えられるの?」
22「ぱっとしない印象を変えたい!!」
23「表情つくるのが苦手なんです……」
24「笑顔がかたいといわれたんだけど……」
コラム アゴ・エクササイズ 緊張しているかはアゴを見ればわかる
25「印象をよくしたい」
コラム 他律と自律 美しさの正体
26「声が小さいのが悩みなんですけど……」
27「どうしたら美声になれるの?」
コラム 共鳴 美しい声は共鳴にあり
28「モチベーションが上がらないよぉ~」
29「今すぐ元気を出したい!」
30「もっと人からの注目を浴びたい」
31「もっとオーラを放ちたい」
コラム 五大要素 学校では習わない人生の表現力
32「余裕のある人間に見られたい」
33「仕事を楽しいと感じたい」
34「全体を見渡せる人間になりたい」
コラム フォー・ブラザーズ 女優が意識する4つの感覚
 

第4章 話す、伝える、コミュニケーションのための演技の魔法

35「人前でスピーチすることを考えるだけで夜も眠れない」
36「この緊張感、なんとかならないの?」
37「自分のことで頭一杯で、相手の話が聞けない」
コラム 3つの不安 緊張をつくりだす3つの不安
38「大勢の人の前だと手足がふるえる」
39「プレゼンのうまい人間と思われたい」
40「プレゼンの時、早口にならず、落ち着きたい」
41「もっと心を込めて話せるようになりたい」
42「AIに負けたくない!」
コラム 即興トレーニング 即興で脳はクリエイティブになる
43「人を感動させたい!」
 

第5章 できる社員になる、ビジネススキルアップのための演技の魔法

44「デスクが散らかりすぎて、どうしたらいいの?」
コラム ヒューマンスキル いつの時代も変わらないスキルこそ価値がある
45「グズグズして、仕事がはかどらない」
46「ダラダラしてるように見えてるらしい……」
47「みんながあっと驚くようなアイディアを出したい」
コラム クリエイティブ 女優はクリエイティブたれ
48「本番に強くなりたい」
コラム 即興 ビジネスパーソンが学ぶインプロ
49「周りの人とうまくやるって難しい……」
コラム ゴールデンリング 1時間でチームがまとまる方法
50「仕事の効率を上げたい」
51「スケジュール帳が埋まると満足してしまうのだけど……」
52「いつも成功した気分になりたい」
53「営業成績を上げたい。もっと売りたい」
54「営業で連戦連敗。もう心が折れそう」
55「なんとしても目的を達成したい」
コラム 超目標 主人公は目標に向かってハードルを乗り越える
 

第6章 別人になりきることでものごとを解決させる演技の魔法

56「リーダーなんて無理!」
57「嫌われるなんてイヤ!」
58「サポート役なんて無理!」
コラム キャスティング ビジネスでもキャスティング次第
59「どうしたらあの人みたいなリーダーになれるの?」
コラム 役作り 役作りで個性のバージョンアップ
60「話し下手なのが悩み」
コラム モデル 演じることで自分を変えていく
61「叱られっぱなし……。我慢しなくちゃダメなの?」
コラム マジック・イフ 女優が使う魔法の質問
62「あの人のプレッシャーに負けそう」
63「できない部下にイライラ……」
64「人を立てるのって苦手……」
 
おわりに

プロフィール

別役慎司(べっちゃく・しんじ)

演出家・劇作家。株式会社ASCEND FEATHER 代表取締役。1975年神奈川県生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒、日本大学大学院芸術学研究科修士課程修了。在学中に劇作家としてキャリアをスタートし、1994年に神奈川県演劇脚本コンクールにおいて最年少で第一席となる。大学院在籍時に海外派遣制度でロンドン大学ロイヤルホロウェイ校に留学し、世界最前線の俳優訓練法や演出法を研究。現在はSTONE ψ WINGS アクティングスクール校長として、スタニスラフスキーシステム、シアターゲーム、インプロヴァイゼイションといった世界標準の俳優訓練メソッドの指導を行うほか、劇団活動にも力を注ぎ、脚本・演出・出演をこなす。FEATHER IMPRO ACT PROJECT 代表としてビジネスセミナーを主催し、企業研修も請け負う。2017年からは一般社団法人日本グローバル演劇教育協会代表理事として、こどもを対象とした演劇教育の普及にも尽力。著書に『誰でも人前で台本なしに10 分間話せるようになる本』(CCCメディアハウス)など。
イラスト:高田真弓
本文デザイン・装丁・図版:藤塚尚子(ISSHIKI)
校閲:竹内輝夫