トップ > 新刊書籍 > 海外ドラマDVD英語学習法

日本で、自宅で、一人で、ここまでできる! 海外ドラマDVD英語学習法

海外ドラマDVD英語学習法
南谷三世 著
  • 書籍:¥1,400(税別)
  • 電子書籍:¥1,120(税別)
  • 四六判・並製/212ページ
  • ISBN978-4-484-16211-9 C0082
  • 2016.4発行
英語を学ぶなら、海外ドラマがいちばん!
留学しなくても、英会話学校に通わなくても、ネイティブに通じる自然な英語が完璧に身につく。しかも楽しく続けられる。
人気ブロガーが完全独学で英検1級・TOEIC満点を取得した方法を公開!

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS

電子書籍

Amazon kindle 楽天kobo iBookStore honto Reader Store 紀伊國屋書店 BookLive

内容

留学経験なし、英会話学校にも通わず、英検1級・TOEIC満点を取得した人気ブロガーの英語の先生は「海外ドラマ」だった!

海外ドラマのDVDを使った英語学習法なら、

・とにかく楽しい
・生きた英語が学べる
・いつでも一時停止できる
・何度でも繰り返せる
・レンタルで“お試し”できる
 ・・・

などさまざまなメリットが。
何を、何回、どうやって見るのか、具体的なやり方を紹介していますから、初心者の方でもすぐに始められます。

どこかで見かけた英文を使おうとすると、「本当にネイティブはこんな言い方をするのだろうか?」という疑問が常についてまわります。でも、海外ドラマで見 つけた表現なら、実際にネイティブがそう言っていたわけですから、間違いなく「ネイティブはこんな言い方をする」のだと確信できます。
辞書にそう書いてあったから、フレーズ集に載っていたから、ではなく、実際にネイティブがそう言っていたという実例から自然な英語を学ぶのが一番確実な方法であり、これは長年、英語圏で暮らしている人が英語を身につけていく方法と同じなのです。(本文より)








はじめに

 この本では、「海外ドラマのDVDを英語教材として使って英語を学ぶ方法」について語っています。
 この学習法には、3つのメリットがあります。

 1.留学もせず、英会話学校にも通わずに、「日本で、自宅で、一人で」、生きた英語をじっくり学べる。
 2.楽しく続けられる。
 3.ネイティブの使っている自然な英語が身につく。


 まず1番目。近年、海外に留学する日本人の数がどんどん減っていることが話題になっています。「内向き志向の若者たち」と批判する意見をよく聞きますが、私は「英語を話したいなら、とりあえず留学したらいい」という考え方はナンセンスだと思っていて、英語学習における大部分は、日本にいる間に、それも自宅でできると考えています。

 英語を話せるようになるためには、話すための言葉を自分の中にストックとして持っている必要があります。そう、「インプットなくしてアウトプットなし」ですね。
 英語を学びたいと思った時に、「とにかく話し相手のネイティブが必要」と思って、SNSで英語圏の友だちを探したり、オンライン英会話を始めたり、英会話学校に通ったり、そして英語を学ぶための海外留学を考えたりする方も多いでしょう。
 でも実際にそうやってみて、「さぁ、英語の話し相手であるネイティブが目の前にいる」という状況になった時、その人に話す言葉が自分からすっと出てくるでしょうか? ネイティブという生身の人間を相手にする前に、まずは自分で大量のインプットをしておかないと、言葉というものは出てこないものなのです。
 そして、その「インプット」の過程では、生身のネイティブは必要ありません。私は海外ドラマのDVDを使った英語学習法をおすすめしているのですが、それはネイティブが娯楽として楽しんでいる作品を英語教材として使うことで、生きた英語を、日本で、自宅で、大量に浴びることができるからです。

 次に2番目の「楽しく続けられる」ということ。これは、何かを学ぶにあたっては、気持ちの上でとても重要なことです。
 何かを学ぶ、何かをモノにするには、継続が必要であることは言うまでもありません。そして「続ける」ためには、興味を持ち続けられるものを題材に選ばなければなりません。
 英語を学ぶ教材として、さまざまなものが世にあふれていますが、私が選んだ教材である「海外ドラマ」は、ネイティブが娯楽として楽しんでいる純粋なエンターテインメント作品です。ネイティブが楽しむ「本物」ですから、日本人英語学習者にとって難しい部分ももちろんありますが、それを補って余りあるほどの面白さと楽しさが満載です。そういう作品としての魅力が、「このセリフの意味を理解したい。もっと先に進みたい」と思わせてくれる原動力となるのです。

 そして最後に「ネイティブの使っている自然な英語が身につく」という点。「ネイティブみたいにしゃべりたい」と願う学習者は多いですが、その願いをかなえるには、「ネイティブの会話をじっくり観察する」ことが何より大切です。
 「自然な英語とはどのようなものか」をつかむのは意外と難しいものです。ある場面や状況を設定して「一般的に想定されるやりとり」を覚えることは、有用ではあるけれど、実際の会話では異なる状況・立場でのさまざまなバリエーションがありますので、「一般的なやりとり」をアレンジするのでは自ずと限界があります。
 さまざまな英会話のバリエーションに対応できるようになるためには、できるだけ多くの英会話のパターンに触れるのが一番です。作品を鑑賞し、楽しみながら、そういう英会話のさまざまなパターンを知ることができるのが、海外ドラマを教材にする大きな利点です。

 どこかで見かけた英文をいざ自分が使おうとする場合、「本当にネイティブはこんな言い方をするのだろうか?」という疑問が常についてまわります。でも、海外ドラマで見つけた表現なら、実際にネイティブがそう言っていたわけですから、間違いなく「ネイティブはこんな言い方をする」のだという証拠にもなります。面白い表現があるなぁと思って聞いていたら、また別のエピソードでも同じような表現が出てきて、「やっぱりネイティブはこんな言い回しをするんだ」ということが確信できます。
 辞書にそう書いてあったから、フレーズ集に載っていたから、ではなく、実際にネイティブがそう言っていたという実例から自然な英語を学ぶのが一番確実な方法であり、これは長年、英語圏で暮らしている人が英語を身につけていく方法と同じなのです。

 最近、来日経験もないのに日本語が上手な外国人の方々を、テレビなどでよく見かけるようになりました。そういう方の多くは、「大好きな漫画やアニメで日本語を学んだ」と言います。
 この事実は、「日本に来なくても日本語は学べる」ことを証明してくれています。その国の言葉を学ぶのにその国に行くこ
とは必要条件ではない、ということで、これは「3つのメリット」の1番目に該当します。
 そして、「好きなものからは多くのことを学べる」ことも教えてくれています。楽しく続けられるものを題材にすれば、言葉を学ぶことは苦ではなく、むしろ喜びだということで、これは「3つのメリット」の2番目に当たりますね。
 そして、「娯楽作品のセリフでその国の言葉を学べば、自然な言葉が身につく」ことも明らかでしょう。これが「3つのメリット」の3番目となります。
 大好きな作品で言葉を学んだ彼らのように、私たち日本人も「大好きな海外ドラマ」で英語を学べばいいのです。


 留学は貴重な体験です。でも英語力をつけるための唯一の方法ではありません。留学経験をムダに終わらせないためにも、日本にいてできることを今すぐにでも始めてほしいと思います。英語力に自信がつけば、英語の環境に身を置くことに対する恐怖感はぐっと減ります。
 「内向き志向」とやらを打破するためには、ただやみくもに、また無責任に、「とにかく海外留学しろ! 行ってしまえばなんとかなる」みたいに煽るだけではダメだし、むしろそれは逆効果かと思います。留学すれば英語ができるようになるわけじゃないということを、若者たちは感覚的にもわかっている。だから自分の英語力に自信が持てない間は到底、英語を学ぶための海外留学をする気にはなれない、ということだろうと思うのです。
 実際、英語がほとんどわからないまま留学しても、何も身につかずにカルチャーショックだけを受けて帰ってくることになるでしょう。日本語がほとんど話せないのに、日本語を学ぶために日本への語学留学を試みる「無謀な」外国人留学生もあまりいませんよね。その国に行ってから「さぁやるぞ!」と始めるのでは遅すぎるのです。ある程度の語学力を持った上で行かないと、日々の生活すらおぼつかなくなるでしょう。

 私は、私自身の経歴で「留学経験なし」を強調していますが、この本はけっして留学を否定するものではありません。むしろ留学というすばらしい経験を、より実りの多いものにするために、「日本で、自宅で、一人で、ここまでの準備ができる!」ことをわかっていただければと考えています。
 留学を考えている人には、ぜひ留学前に読んでほしい。そして、さまざまな事情で簡単に留学に踏み出せない方々には、「留学よりも有効な」DVD英語学習法で、留学に負けない英語力を身につけてほしいと心から願っています。

目次

 はじめに

第1章 海外ドラマのDVD を使った英語学習法

Rach 流 DVD 学習法(レイチ・メソッド)
 ブログと本とセミナーと
 「完全5段階」と「はしょる3段階」
 英語のレベルに関係なく、すぐに「はしょる3段階」に移行してください
 DVDをプレーヤー(機器)で見るか、PC(ソフト)で見るか

「はしょる3段階」の第1段階(英語音声・字幕なし)
 DVDは「容赦のない英語教材」である
 第1段階は毎回行う「テスト」

「はしょる3段階」の第2段階(日本語音声・日本語字幕)
 音声と字幕の両方を日本語にして、一気に情報をつかむ
 第2段階は「答え合わせ」
 DVDの日本語訳は英語学習者用に作られたものではない
 日本語を利用することに罪悪感を持たないで
 日本語オンリーの時間がもったいないと思うなら2倍速で見ましょう

「はしょる3段階」の第3段階(英語音声・英語字幕)
 データベースの作り方
 見慣れない単語のすべてを調べる必要はない
 1話まるごとではなく、シーンの切れ目ごとに各段階をこなす
 必要な段階をこなしたら、どんどん次のエピソードに進む

最速2段階
 上級者向け。または、すでに内容を知っている作品ならこの方法で
 「日本語訳」を楽しめるレベルが上級者

DVD 英語学習はけっして留学に劣るものではない
 留学と比較した場合の、DVD 英語学習の利点
 「第1段階」がさっぱりわからない……と挫折しそうなあなたへ。その「さっぱりわからない第1段階」がノンストップで延々と続くのが「留学」という状態です
 DVD 英語学習法は初心者にも効果的

第2章 部門別攻略法(読む・聞く・書く・話す)

英語4技能
 インプットかアウトプットか、文字か音か
 表現語彙と理解語彙(active vocabulary とpassive vocabulary)があることを認識する
 英英辞典で「2000語のロングマン定義語彙」に慣れる
 英語4技能とDVD 学習法の関係

読む(Reading)
 直訳でわかる日英の「構造」の違い
 英文の構造を理解する「英文解釈」には意味がある
 単語の意味は、位置と文脈で決まる
 左から右へ、流れのままにイメージする
 日本語と英語の発想の違いを意識する
 省略の多い口語から、「省略してはいけない部分」を学ぶ
 ❖ まとめ 「読む」技能を伸ばすために、DVD 学習法で意識すること

聞く(Listening)
 内容語と機能語の強弱とリズムを意識する
 「音を拾えたかどうか」よりも「内容を理解できたかどうか」が大切
 リスニング力は、「聞いた音から文章を復元できる力」
 ❖ まとめ 「聞く」技能を伸ばすために、DVD 学習法で意識すること

書く(Writing)
 単語を置き換えただけでは「英語」にならない
 英語もどきで自己満足してしまう危険性
 「英借文」で、使える表現は「ありがたく頂戴します!」
 ❖ まとめ 「書く」技能を伸ばすために、DVD 学習法で意識すること

話す(Speaking)
 英会話をたくさん浴びることで、「英語ってこういうもの」という感覚がわかる
 DVDを使った「セリフ先行法」
 わからない部分をピンポイントで疑問詞に置き換える
 短い会話でも、それを真似することで会話の瞬発力が養われる
 ❖ まとめ 「話す」技能を伸ばすために、DVD 学習法で意識すること

第3章 英語学習について、いろいろ思うこと

DVDをおすすめする理由
 DVD 出現前に、すでにプロトタイプを経験済み
 英語教材がレンタルできる!
 私が示す1つの「基準」

教材の選び方
 「洋画」よりも「海外ドラマ」の理由
 私が「フレンズ」をおすすめする理由
 他の作品なら、こんなのどうでしょう?

英語学習において意識すべきこと
 「文法的に正しい」(grammatically correct)よりも「英語らしい」(idiomatic)を選ぶ
 「発音のお手本」としての英語
 「傍目八目」の効用(さまざまな会話を客観的に観察する効果)
 「留学したから」と「留学したけれど」の違い
 語学の達成度は「過去の自分との相対評価」で測るべき

略歴

南谷三世(みなみたに・みつよ)

1969年、大阪府生まれ。京都大学農学部卒。一男一女の母。海外経験なし(短期間の旅行を除く)、英会話学校にも通わずに、「自宅で海外ドラマのDVDを見る」という学習法で、英検1級、TOEIC990点満点を取得。2005年、人気ドラマ「フレンズ」の英語のセリフやジョークを解説するブログ『シットコムで笑え! 海外ドラマ「フレンズ」英語攻略ガイド』(sitcom-friends-eng.seesaa.net)を開始。英語ブログの人気ランキングで常に上位を占めている。ブログでのハンドルネームはRach(レイチ)。著書に、『シットコムで笑え! 楽しくきわめる英語学習法』(NTT出版)、『読むだけ なるほど! 英文法』(学研教育出版)がある。Twitter: m_rach
●写真/RYUSYO(studio Bj)
●装丁/大岡喜直(next door design)
●本文デザイン/next door design
●校正/円水社
●企画協力/NPO法人 企画のたまご屋さん