トップ > 新刊書籍 > アステイオン80

アステイオン80

アステイオン80
公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会 編
  • 書籍:¥1000(税別)
  • A5判変形・並製/280ページ
  • ISBN978-4-484-14219-7 C0030
  • 2014.05発行
特集「第一次大戦100年」中西 寛/エリック・ゴールドスティン/戸部良一/藤波伸嘉/ヤン・シュミット/山田登世子 [論考]野中尚人/遠藤晶久+ウィリー・ジョウ/三浦雅士 [座談会]鷲田清一+佐々木幹郎+山室信一 [連載]「リズムの哲学ノート」山崎正和ほか

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS

内容

特集 第一次大戦100年

ちょうど100年たったから何だというのか。
99年や101年とどこが違うのか。
それでも、あの大戦による破壊と影響の巨大さを考えれば、
改めてその意味をかみしめるのに
100年の歳月が必要だったのかもしれない。
それはかみしめることのできる過去、
つまり「歴史」となったことを
100年の区切りは象徴しているのかもしれない。

進歩の最先端にあると自負していたヨーロッパは、
これによって空前の人的・物的破壊を経験した。
四つの伝統ある帝国、ロシア、ハプスブルク、ドイツ
そしてトルコが、地球上から消滅した。
文明としてのヨーロッパそのものが、深い懐疑に沈んだ。
そしてヨーロッパで始まったあの大戦だが、
世界の人々の運命を大きく変えた。
もちろん日本人も例外ではない。

その後100年、人類は教訓を学ぼうとし、
多くの試みを繰り返してきた。
改めて100年前の大惨禍を想い、
断罪も正当化も超えた何かを探ってみよう。
あの大戦は意外にまだ我々の身近にあるのかもしれないのだから。

目次

特集 第一次大戦100

「再臨、あるいは失われた可能性の時代」   
・・・・・・中西 寛(京都大学大学院法学研究科教授)

「『ホットライン』なき世界の戦争」   
・・・・・・エリック・ゴールドスティン(ボストン大学国際関係学部教授)

「欧洲大戦と日本のゆらぎ」   
・・・・・・戸部良一(帝京大学教授)

「オスマン帝国の解体とヨーロッパ」   
・・・・・・藤波伸嘉(津田塾大学国際関係学部准教授)

「第一次世界大戦下日本の報道と『戦後』論」   
・・・・・・ヤン・シュミット (ドイツ・ルール大学講師)

「女たちのモード革命」   
・・・・・・山田登世子(愛知淑徳大学メディアプロデュース学部教授)
 
 論考
「『自民党システム』の形成と特質─リーダーシップを妨げるもの」 
・・・・・・野中尚人(学習院大学法学部教授)

「若者にとっての『保守』と『革新』─世代で異なる政党間対立」 
・・・・・・遠藤晶久(早稲田大学政治経済学術院助手)&ウィリー・ジョウ(筑波大学人文社会系非常勤研究員)

「芸術終焉理論は正しいか?──アーサー・ダントを悼む」   
・・・・・・三浦雅士(文芸評論家)

●写真で読む研究レポート
「芝居町道頓堀をCGで描く」
・・・・・・ 藪田 貫(関西大学大阪都市遺産研究センター長・文学部教授)

●グラヴィア 地域は舞台
「芸術家の美意識と地域文化との融合─イサム・ノグチ庭園美術館」    
・・・・・・桑田瑞穂(写真家)

●世界の思潮

●時評
  「『徳川文明展』の構想」                                                                                              
・・・・・・芳賀 徹(静岡県立美術館館長)

「美人の顔」                
 ・・・・・・高階秀爾(大原美術館館長、西洋美術振興財団理事長)

「第一次大戦の亡霊─歴史的アナロジーという誘惑 」                                        ・・・・・・細谷雄一(慶應義塾大学法学部教授)
 
 「『芸術作品』をめぐる虚実皮膜の間―『佐村河内事件』の一側面              
・・・・・・渡辺 裕(東京大学文学部教授)            
            
「柿の不幸」                                                                                                             ・・・・・・藤森照信(工学院大学建築学部教授)
            
「日本の若者にとって未来は暗いか」                                                                  
・・・・・・奥本大三郎(ファーブル昆虫館館長)

連載
「リズムの哲学ノート 第3、4章」   
・・・・・・山崎正和(劇作家)
 
座談会
「可能性としての『日本』」 
・・・・・・鷲田清一(大谷大学文学部教授)&佐々木幹郎(詩人)&山室信一(京都大学人文科学研究所教授)
●アステイオン編集委員会委員
 
委員長 田所昌幸 
      池内 恵
      苅部 直
      張  競
      細谷雄一
      鷲田清一
顧 問  山崎正和
 
●ブックデザイン/熊澤正人+尾形 忍(POWERHOUSE)
●翻訳協力/斉藤裕一、ジャネット・アシュビー
●校閲/竹内輝夫
●編集協力/林晟一、阪急コミュニケーションズ書籍編集部