トップ > ニュース > 『藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?』著者藤野英人さん、テレビ東京系「カンブリア宮殿」に出演2/16!

ニュースニュース一覧

『藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?』著者藤野英人さん、テレビ東京系「カンブリア宮殿」に出演2/16!

fujinosan.jpg『藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?』著者藤野英人さんが、テレビ東京系「カンブリア宮殿」に2/16出演しました。「間違いだらけの“日本の投資”に変革を――成長企業を見抜くカリスマが明かす投資術!」と題し、まず藤野さんが社長を務めるレオス・キャピタルワークス運営の「ひふみ投信」の好成績ぶりをとり上げ、現場重視で経営者に会いにいく、そのユニークな投資判断を番組では追いました。番組の最後で藤野さんは、「投資は悪である」という偏見にもの申し、「投資とは、自分の未来を自分で切り開く」ものであると喝破。日本人の清貧の思想に一石を投じました。
 
藤野さんの弊社刊著作は3点ございます。
藤野流の投資術や、価値観に触れてみてください。
●『藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?』
 http://books.cccmh.co.jp/list/detail/1683/
●『もしドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら』
 http://books.cccmh.co.jp/list/detail/750/
●『君の人生を変える100の小さな習慣』
 http://books.cccmh.co.jp/list/detail/831/
 
 
番組はアーカイブでしばらく視聴可能です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/
 
 
藤野英人 ふじの・ひでと
投資家。ファンドマネージャー。
1966年富山県生まれ。早稲田大学卒業後、野村證券、JPモルガン、ゴールドマン・サックス系の資産運用会社を経て、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。取締役・最高運用責任者(CIO)として、成長する日本株に投資する「ひふみ投信」を運用し、高パフォーマンスをあげ続けている。
同ファンドは、格付投資情報センター(R&I)が選定する「R&Iファンド大賞」において、投資信託/国内株式部門では最優秀ファンド賞(2012・2014)と優秀ファンド賞(2013・2015)を4年連続で、NISA /国内株式部門では最優秀ファンド賞を2年連続(2014・2015)で受賞。
「お金」や「投資」を通して、企業や社会、経済のあるべき姿を模索し続ける一方、次世代への投資のため、明治大学商学部の講師も長年務める。