トップ > ニュース > 軽度認知障害とは何か?『もの忘れ外来」100問100答』の著者奥村歩先生がTBSテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」(3/13)で解説。

ニュースニュース一覧

軽度認知障害とは何か?『もの忘れ外来」100問100答』の著者奥村歩先生がTBSテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」(3/13)で解説。

monowasure_obi_lowres.jpg『「もの忘れ外来」100問100答』 『誤解さえしなければ認知症は怖くない!』の著者である奥村歩先生がTBSテレビ系列3/13(日)放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」に出演し、軽度認知障害について解説しました。軽度認知障害から認知症に至ってしまう確率は50%。ただしきちんと予防策を立てれば、進行はしません。まず軽度認知障害のチェック項目を挙げました。

1) 頻繁に会っている人の名前を忘れる
2) 今思い立った用を、はて何をするんだっけとなる
3) 昨晩何を食べたか思い出せない
4) すでに購入した本をまた買ってしまう
5) 人と会う約束を失念する
 
思い当たるふしがある方は、要注意です。詳細は本で確認してください。