トップ > ニュース > 『「もの忘れ外来」100問100答』の著者奥村歩先生がTBSテレビ「駆け込みドクター」(12/7)に出演!

ニュースニュース一覧

『「もの忘れ外来」100問100答』の著者奥村歩先生がTBSテレビ「駆け込みドクター」(12/7)に出演!

monowasure_obi_lowres.jpg『「もの忘れ外来」100問100答』  『誤解さえしなければ認知症は怖くない!』の著者である奥村歩先生がTBSテレビ12/7放送の「駆け込みドクター」に出演し、アルツハイマー病の前兆は、家庭でチェックができると紹介しました。たとえば、初期症状として現れるのは、ドアノブを回せない、ペットボトルのふたを開けられない、ネクタイを締められないなどで、回転動作が苦手になるとしています。原因は脳がつかさどる視空間認知機能の低下によります。詳しくは先生の著書でチェックを。予防の本として先生監修の『脳活&ボケ予防! 自分史回想ノート』もあります。