トップ > 新刊書籍 > えっ!?

えっ!? ビジネスで成功し続けるためのサプライズ・マーケティング

えっ!?
アンディー・ナルマン 著
斉藤裕一 訳
  • 書籍:品切れ
  • 四六判・並製/280ページ
  • ISBN978-4-484-10112-5 C0034
  • 2010.09発行

「サプライズ・マーケティング」のパイオニアとして世界的に知られる経営者にして著者が、各種ビジネスの成功例をもとに、「意外なアイデア」を生み出すためのノウハウを紹介。

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS

内容

本書は「サプライズ・マーケティング」のパイオニアとして世界的に知られる 経営者にして著者が、さまざまなビジネス(食品、ファッション、自動車、量販、ショップ、ネット、ゲーム、エンターテイメント、メディアなど)の成功例と自らの経験をもとにして、今後の事業発展のカギを握る「意外なアイデア」の創出法と、“奇才”を育てるヒントを明らかにしたものである。供給過剰の時代においては、サプライズのアイデアを生み出す能力こそ商品・サービスの「差別化」を図る決め手だと訴えている。

目次

この本を読む前に知っておいてほしいこと

プロローグ

第1章 なぜサプライズが必要なのか
 あらゆる偉大なエンターテインメントの基礎/すべてのスポーツの根源/
 ファッションのカギを握る/政治の流れを変える/「ウエブ2・0」の基本精神/
 ホテルの「魅力」を分ける

第2章 サプライズとは何なのか

第3章 サプライズではないもの

第4章 全能の力?――ほぼそのとおり

第5章 ショック学入門

第6章 「サプライズ・セオリー・カルテット」に耳を傾けよう!
 ディズニーランドでは誰もが子供である/勇気は脳力に勝り、また予算にも勝る/
 小さなことが大きな意味をもつ/理由はない場合もある

第7章 サプライズ創出というアート
 戦術1「バージンのコンタクトレンズ」を装着する/戦術2「衝撃とあぁ……」/
 戦術3 言葉は重要 /戦術4 ステレオタイプに反乱する/
 戦術5 バックミラーを見る/戦術6 時限爆弾を仕掛ける/
 戦術7「ビジネス痴性」/戦術8 パズルのピース/戦術9 物事を文脈から切り離す

第8章 サプライズの明日

エピローグ

原注

著者

アンディー・ナルマン(Andy Nulman)
カナダ・モントリオールに本社を置くエアボーン・モバイル社長兼CMO(最高マーケティング責任者)。「サプライズ・マーケティング」のパイオニアとして世界的に知られ、セミナーや講演でも多忙な日々を過ごしている。30年に及ぶキャリアは多彩で、世界最大のコメディー・フェスティバル「ジャスト・フォー・ラフス」を立ち上げて大成功させたほか、テレビプロデューサーとして150本以上の番組を手がけてもいる。モバイル・エンターテインメントの将来性をいち早く見抜き、2000年にエアボーン・モバイルを設立。2005年には会社を日本のサイバード社に売却したが、08年に買い戻し、ゲームや動画、アプリなどさまざまな人気コンテンツを提供し続けている。

訳者

斉藤裕一(さいとう・ゆういち)
ニューヨーク大学大学院修了(ジャーナリズム専攻)。主な訳書に『マッキンゼー式 最強の成長戦略』『ストール・ポイント──企業はこうして失速する』『ブランドが神話になる日』『ウザい客に買わせる技術』『シェイク・ブレイン』などがある。

●装丁・本文デザイン/轡田昭彦+坪井朋子