トップ > 超トーク力

超トーク力 心を操る話し方の科学

メンタリストDaiGo 著
  • 書籍:定価1540円(本体1400円)
  • 四六判・並製/304ページ
  • ISBN978-4-484-21208-1
  • 4.20発売予定
話し方は、誰でも、何歳からでも、学びながら鍛えることができます。
しかも、その効果は一生持続するのです。
iPhone1台で360万人のフォロワーを手に入れたメンタリストDaiGoが明かす、科学的な話し方。

書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS TSUTAYAonline

はじめに

 「話し方」は、人生のあらゆる場面に否応なく関わってくるにもかかわらず、自分から勉強しようと思わないと誰も教えてくれない、不思議なスキルです。
 好意を持って話しているのに、悪印象が残ってしまうこともあります。
 日本語を話せているから、説明が正確に伝わるわけでもありません。
 話すべきことがないから黙っているだけなのに、「無愛想」と責められることもあります。
 
 いったい、何が正解なのでしょう。
 子どもの頃から人見知りで、うまく話せないコンプレックスを持っていた私は、メンタリストとして世に出てからも、悩んできました。
 でも今は、あらゆるシチュエーションで必要に応じてうまく話せるようになっています。
 にぎやかな前室の壁際で本を読むほうが性に合っているのは変わりませんが、輪の中に入って雑談を楽しむことも、自分の持っている知識を活かして人の相談に乗ることも、大勢の前で話をすることも苦ではありません。
 心の中に話すことへの苦手意識やコンプレックスは残っていますが、周りから見れば、話すのがうまい人になれたのです。
 その変化の秘密は、話し方の科学にあります。
 
 話すことが苦手だった私は、今では動画配信を中心にほぼ話すことが仕事になっています。学生時代からの悩みの一つであった「好きなことになると早口になり、周りの反応を置き去りにしてしまう空気の読めない話し方」は、科学的な説明のスキルや共感を引き出す話し方の原理原則を知ったことで、武器に変わりました。
 
 『超トーク力』は、私が頼った科学的な話し方のスキルを紹介し、それを実践してもらうことであなたの人生を大きく変えていく本です。


もくじ

序章 めざすのは、スムーズな人間関係を作るための話し方
 
第1章 科学的に最強な雑談力「会話スターター」
 ・雑談は人と人とのおつきあい 
 ・最初に身につけたいの「トゥー・クエッション・テクニック」
 ・雑談が盛り上がる科学的な話の始め方「会話スターター」
 ・いい後味を演出する話し方と聞き方の基本
 
第2章 聖書でも使われる最強の話術「ストーリーテリング」
 ・相手に伝わる話し方
 ・物語を上手に語るテクニック
 ・A=アクション(浮き沈み)で感情を揺さぶる
 ・R=リザルト(まとめ)はシンプルに
 ・会話は準備が9割
 
第3章 脳神経学者がオススメする話に深みを出すためのポイント
 ・気になる人と親しくなるために必要なのは「内面の静けさ」
 ・距離を縮める「自然な自己開示」
 ・関係性を一歩深めるための7つの会話スターター

第4章 会話に悩む人、会話がうまく回らない人が話せるようになる技術
 ・話し下手、聞き下手に潜む無自覚のクセ
 ・自分の行動パターンを把握すれば、聞く力が上がり、人間関係が改善する
 ・不安から脱却できるインナースピーチ観察
 ・声を変えれば印象が変わる

第5章 自宅でできる会話トレーニング
 ・どんなシチュエーションでも話せる力を作る
 ・目線の動きを改善する「アイコンタクトトレーニング」
 ・苦手な相手にも動じない「空席エクササイズ」
 ・緊張しがちな人向けのもう1つの「空席エクササイズ」 
 ・うっかりミスを減らす「マインドフルスピーキング・トレーニング」

 

 


著者略歴

メンタリストDaiGo
英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとしてTV番組に出演。その後、活動をビジネスやアカデミックな方向へ転換、企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家として活動。著書は累計400万部。→https://amzn.to/2UBuD1j
ビジネスや健康法、恋愛や子育てまで幅広いジャンルで人間心理をテーマにし、YouTubeや独自配信アプリ【Dラボ】にて動画配信を精力的に行っている。→https://daigovideolab.jp/ 
趣味は1日10~20冊程度の読書、猫と遊ぶこと、筋トレ。


編集協力:佐口賢作
リサーチ:鈴木 祐
ブックデザイン:渡邊民人+谷関笑子(TYPEFACE)
撮影:河内 彩
ヘアメイク:永瀬多壱(Vanites)
スタイリスト:松野宗和
校正:株式会社 文字工房燦光