トップ > 親も子も幸せになれる はじめての中学受験

親も子も幸せになれる はじめての中学受験

親も子も幸せになれる はじめての中学受験
小川大介 著
  • 書籍:¥1400(税別)
  • 四六判・並製/264ページ
  • ISBN978-4-484-19232-1
  • 12.21発売予定
首都圏では、いまや4人に1人の小学生が中学受験をする時代。
公立と私立、どちらを選ぶにせよ「中学受験」が頭に浮かばない親はいません。
本書は、公立、私立どちらの中学を選ぶか、から、夫婦での意見のすりあわせ(ここがいちばんキモです)、子どもとの話し合い、塾生活の過ごし方、子どもの心と学力の伸ばし方まで、中学受験が頭に浮かんだときに、気軽に手に取っていただける親目線の中学受験本です!


書籍

Amazon 7net 楽天BOOKS TSUTAYAonline

はじめに

 
なぜこれほどに、親御さんたちは子どもに勉強を押しつけてしまうのだろう?
なぜこれほどに、中学受験は親の気持ちをかき乱すのだろう?
なぜ塾業界は、親子の冷静な判断を手伝わないのだろう?
 
その答えを私にもたらせてくれたのは、私の妻と息子です。わが子の子育てにリアルに関わり、中学受験にも実際に取り組む中で、見えてきたこと気づいたことがあります。これまで個別サポートしてきた親子は6000を数えますが、家族のリアルな経験を得て、理解を新たにできたことも多々あります。
そしていま確信しているのです。
中学受験は、適切につきあえば親子を幸せにしてくれる時間だ、と。
 
最終的に中学受験をするもしないも家庭の判断だけれど、親が前もって知っておくといいことがあり、前もって取り組んでおくといいことを実行すれば、親子の幸福感はぐっと高められるのです。
 

もくじ

第1章 なぜ今、子育ては大変なのか?
 選択が求められる時代の渦中で/お子さんをどんな人に育てたいですか?/親同盟を深めるために など
第2章 中学受験、わが家の選択
 意外と少ない?高校受験で入れる私立上位校/公立と私立 メリットとデメリット/私立の奨学金制度 など
第3章 中学受験を始めたら……
 まずは入塾テストをクリアする/「塾のテキストはムダだらけ」/宿題のやるべき選択ポイント など
第4章 子どもが伸びる環境と親の関わり方
 わが子の<ノリノリ状態>を活用する/子どもをやる気にさせるほめるタイミング/これだけできていれば大丈夫 など
第5章 中学受験、その後
 もし全落ちして、公立中学に進学することになったら……/受験はプロセスにこそ成長が見える など


著者略歴

教育専門家。中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員。
1973年生まれ。京都大学法学部卒業。学生時代から大手受験予備校、大手進学塾で看板講師として活躍後、中学受験専門のプロ個別指導塾SS-1を創設。子どもそれぞれの持ち味を瞬時に見抜き、本人の強みを生かして短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。同時期に中学受験情報局「かしこい塾の使い方」の創設にも参画し、情報発信を開始。また、幼児期からの子どもの能力の伸ばし方や親子関係の築き方に関するアドバイスにも定評があり、各メディアで活躍中。『頭がいい子の子のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』『頭のいい子の親がやっている「見守る」育て』など著書多数。


カバーデザイン:高瀬はるか
本文デザイン:斎藤充(クロロス)
カバーイラスト:けいもとひとみ
編集協力:石渡真由美
校正:株式会社 文字工房燦光